花鳥花撮り・花と鳥

花撮りx花鳥・桜に緋連雀in多摩森林科学園

はい。鳥撮トリプル管理人関東一の桜のメッカ200種の品種を擁する
多摩森林科学園に今期初出動してきましよぉ~!!

って、ことで今シーズンたけなわ、多様な品種が愛でるのですが
そちらの紹介は、レタッチなど編集作業が終わってから。その間は
ヒレンジャクさんが桜と鳥のコラボで繋いでくれます。

【ケイタイ向け画像01】多摩森林科学園・桜に緋連雀
P4120276







もしかして、キレンジャクかもしれませんが、はっきりと確認できませんでした。
その場合はご容赦を

<お花見・さくらのひとくちメモ>
肝心の桜のほうですが、四月初旬、中旬の桜が咲いており
2月から3月に咲くはずの早生咲きの寒緋桜も正門前で咲いていました。
例年そうなのですが、こちらの多摩森林科学園の入り口の寒緋桜はいつも4月まで咲き残っていると思います。
見頃はもともと長めなんですけどね。
多少のずれはあるものの、同じ品種の場合は新宿御苑埼玉・花と緑の振興センター多摩森林科学園の順でだいたい咲きます。
これは、気温によって桜が咲いていくので高度差によるものかとと思います。

なので、天候不良や都合で行けなかったら、この順番で追っていきます。
あとは、例外として、同じ品種でも産地によって咲き始めが異なります。例えば関東産のソメイヨウシノよりも東北産のほうが咲き始めが多いとか。
それにプラス、多摩森林科学園では麓付近と上の方で、同じ品種が植えてあったりするので、当然上のほうが咲くのがちょっと遅い。この辺の差を利用して狙いの品種をゲットしましょうね。
開花状況は、多摩森林科学園、新宿御苑、埼玉・花と緑の振興センターともに
オフィシャルサイトで公開されています。

染井吉野は散ってしまい、三分咲き程度ですが、桜のシーズンは今が盛り!!
まだまだ見れますよ。
みなさんも週末天気よければでかけてみてはいかが?

んではまた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜愛づ目白そ詠め啼きたなり

はい。鳥撮トリプルがお贈りする桜賛歌
本日は、
ボキャブラマスターしますたぁ!の古文と古語の語呂のお勉強をメインに
花と鳥のコラボを新宿御苑寒桜に留まるメジロをモチーフに詠んでみたいと思います。

ひさしぶりに気合を入れて、語呂ももりもーり!盛りだくさん!!
今日のお題は
愛づ(めづ)詠め(ながめ)の二つです。

ちなみに、撮ったのは早生の桜、カンザクラの旬なので2月後半。その後メジロがいい具合に撮れておりませんが、3月末に出向いた際には、緑色のちょっと意外なでかい鳥が、陽光という紅桜に留まって衆目を集めていました。
そちらのおはなしは、久々に動画をアップしつつ改めて紹介しようかと思っています。
迷い鳥なのか、住み着いているのか?個人的にちょっと気になりますねぇ。
そんなわけて、とりとりみるさんのタイトルDE俳句で早速本題の桜メジロまいりますか!


桜愛づ目白そ詠め啼きたなり 鳥撮三


【ケイタイ向け画像01】新宿御苑・寒桜に目白1
P2210137k








本日は、フォトがおまけで、ボキャブラマスターの俳句がメインです。

意味は
愛づ(めづ):可愛がる、ほめる、賞美する、心惹かれる

詠む(ながむ):歌う、吟じる、詠む
ちなみに、『たるなり』の短縮形が『たなり』で読みはたんなり撥音便となります。

市川市内各所の桜、染井吉野が満開から散り始めになりかけていますね。
見頃ピークです。市川・船橋界隈の桜通信もまた別途記事にする予定です!

んではまたね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小目白の暫し暇の寒桜

鳥撮トリプルがお届けするねっとDEお花見新宿御苑の早春の桜
本日は、花撮り花鳥で桜にメジロ行ってみようと思います!


さて、2月初め頃に他に先駆けて花開く寒桜、秋から断続的に咲いている十月桜冬桜四季桜などの二度咲き桜を除けば年が明けてから最初に咲く桜なのですが

そんな気の早い早生桜に留まり、ほけっー、としている小目白が一羽
『美味しゅうございます!』
と、ひとしきり狂い鳴きしつつ蜜を堪能して余韻に浸ってるんでしょうかね?

そんな様子を、鳥撮三(とりとりみる)さんが、ボキャブラマスターしますたぁ~!と
古文古語語呂ごろうじろ!と、欲張りに十兎追って十兎GET!!
ついでに習作を作って学びつつ覚えていきます。

今日のお題は
暇(いとま)休む間、用事のない時、ひまの意

んでは、タイトルDE俳句で詠んだ句のそのまえに
まずは、微笑ましい桜にメジロの画像からお見せしますか
そして続けざまに俳句もいきます!

【ケイタイ画像01】新宿御苑・寒桜に目白の図1
小目白の暫し暇の寒桜










小目白の暫し暇の寒桜 鳥撮三



春のひとこま、散りかけの寒桜に佇みぽっーとしてる、メジロが可愛らしいですね。

んではまた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

星羽白寄り添う修善寺寒桜

鳥撮トリプルがお届けする、ねっとDEお花見桜の詩。ところは新宿御苑から

桜に鳥の図の第二弾は、めじろん!メジロさんに続き、鴨さんに登場願います。
羽に白い部分があるのが特徴の、羽白鴨(はじろがも)の仲間から
淡水性の星羽白(ほしはじろ)をお届けします。
ごく稀に、大星羽白(おおほしはじろ)という大きな体躯の近縁種がいたりするんですけど、私はまだ、残念ながらご尊顔を拝見してはおりません。
ホシハジロがたくさん、いる湖沼などで地道にバードウォッチングしてればあえるんですかねぇ。
最近は、淡水ではキンクロハジロに、海の近くではスズガモに出遭うことが多いように感じます。
文末にあとで、書く内容のせいで、上野の忍ばず池で、コスズガモに出会える機会も無くなってしまいました。浅はかですよね…

ま、それはさておき桜に鴨タイトルDE俳句に、画像を取っ付けて公開します!


星羽白寄り添う修善寺寒桜 鳥撮三


【ケイタイ向け画像01】新宿御苑・修善寺寒桜に星羽白(ホシハジロ)1
新宿御苑・修善寺寒桜に星羽白(ホシハジロ)1







【PC向け画像01】新宿御苑・修善寺寒桜に星羽白(ホシハジロ)2
新宿御苑・修善寺寒桜に星羽白(ホシハジロ)2






※↑クリックで大きめな画像が表示されます

ココから下は長くて重い、野鳥に餌をあげる事についてや
環境のことや鳥獣保護の事などが書いてあります。

続きを読む "星羽白寄り添う修善寺寒桜"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あっちこちそっちこち!こちらコチタロウ

あっちこちそっちこち!こちらコチタロウ
こーちたろさん。こちたろうさぁん♪
あぃ。モモタローさんじゃぁアリマセンよぉ!!

あっちこちそっちこち!こちらコチタロウ

千鳥足の東風太郎

追憶の中、春先の渡り直後桜舞う季節の画像をば

昨年の大柏第一調整池緑地(北方遊水池)
完成に伴う解放以降、残念ながら繁殖地としては利用されていないんでしょうか?

まめな鳥見ができていないせいもあり、六月に入ってやっと一羽確認しました。
柏では三月から確認済み。真間川コーナン手前付近は未確認。

谷津干潟に二羽の小千鳥が現れたそうです。
つまり、巣立ち雛が親鳥と子別れする季節なんですねぇ。

コチドリ家は、そろそろ繁殖終わったのかなぁ〜
コチドリやシロチドリの若を谷津干潟自然観察センターのセンター前浜で見かけるのは、今ぐらいの季節からですねぇ。

淡水池のセイタカシギの赤ちゃん、カイツブリの赤ちゃん、バンの赤ちゃん。
そして、カルガモちゃんのママず&ベイベー!!

見に行ったらスズメぐらいのちっこいチドリさん、コチドリさんとシロチドリさんもいないか、ちぇきちぇき!チェックしてみてね。めんこいよぉhappy02

小椋鳥(コムクドリ)も到来のシーズンになりました!

雨で撮影困難でも谷津干潟自然観察センター内からガラス越しに見れるし、撮れますよ!

天然の野鳥さんの承認のお許しを得て、繁殖の観察ができるのは他になかなかありません。小雨の日は出かけてみては…
※谷津干潟自然観察センターは月曜定休です。

お雛さまと赤ちゃんずのストーリー!
鳥撮トリプル・プレゼンツ!!2008夏のひな祭りはもうちょっとで開幕です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)