短歌・俳句・詩・作詞

俳句は別に分けます!

アナベルの奏でる雨音グラスベル…

鳥撮トリプル@とり3のお届けする首都圏近郊ローカルニュースで旬の花便り
記事投稿ペースダウンの為、ねっとDEお花見
と人文系の短歌を兼ねて
ココログで交流させて頂いている
草もみじさんのブログ
『ばばちゃんの花もり暮らし:アジサイ・アナベル』
にコメントした内容を画像を追加しつつ
少々追記で転記で記事にかえさせて頂きます。

草もみじさんご無沙汰しています。
記事更新もままならず、縮小気味ですが細々と活動しております^^;

いつもキラポチ気にかけて戴き有難うございます。
マメなブログ更新と動植物愛に頭が下がります。

今回は、私の好きな季節感のある花
鬱陶しい梅雨に初夏の到来を感じさせる
アジサイ繋がりでコメントしました。

静かにしと降る雨音にグラスベルの奏でる
涼やかな音色が心地よく木霊する情景を重ねて
楚々とした佇まいの白い紫陽花『アナベル』
を想い韻踏み猫の檸檬猫名義で一首贈ります。


1497637558282.jpg




アナベルの奏でる雨音グラスベル


梅雨の清涼 白き紫陽花 檸檬猫


(アナベルの かなでるあまね グラスベル


つゆのせいりょう しろきアジサイ)




ではまた

ここから下は追記加筆の紫陽花の仲間の アナベルのお話です

アナベルは花色が白くて花弁四枚と三枚が混じり
小さめの萼片でやや丸みを帯びた感じで不規則な印象ですが

色違いのカラバリエ、ピンクアナベルというのは
色がピンクなだけじゃなく、萼片が角菱で規則的
色以外の全体の印象も異なる感じがします。
原種は両方、アメリカノリノキなのかなぁ?
現物は見たことあるような無いような?
白じゃないからアナベルと思わなかったかも…

ではまた(^^)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

オマージュ:蒼き星 銀の月 黄金の乙女

鳥撮トリプル@とり3です。
ココログ広場の街経由で知り会い
たまたまプロフィールを見た事が縁で
交流させていだいている、広場経由の希少な出会い
雪村月路さんの過去記事に

遥かな国の冒険譚:『星降る夜に』

へコメントで贈った時のオマージュです。

創作の交流をさせていただいている方で
とり3が小説を書き始めるきっかけとなったのは
この方とみゅーさん、うららほのかさんのお陰でした。
刺激や影響を受けて、まさか自分で小説を書く日が来るとは思わなかったなぁ〜

テーマソングを
古代文明発祥のオリエント地域
世界四大宗教のうち実に3つが生まれた
中東と呼ばれる地域をヘレニズム文化を感じながら
PVイメージで創作しました。
アラブの古楽器
ウード、ナーイ、カヌーンような演奏をイメージで想定しています。

コメント転記でお届けするイメージソングの
そんな原文はこの下から↓

月路さん今晩は〜。
蝶結びの髪のように綺麗な結びでクロージングお見事です!

先週は大河ものファンタジーアニメをオンデマンド動画で25話を一週で一気に見て
主題歌とかに絵が動いて曲が付くと
『うぉーっ!かっくいい。』なぁ〜と
今すごーく曲が創りたいモードですw

ということで突然ですが夢魔乃雫名義で
贈らせて頂く曲のタイトルは


『蒼き星 銀の月 黄金の乙女』




(あおきほし ぎんのつき きがねのおとめ)



です。

♪夜空を彩る蒼き星達 燦めく光に心トキメキ♡
♪水面に揺蕩う銀の月 優しく微笑みそうっと見守る
♪月が満ちれば 時は至り 魔法の剣(つるぎ) 織り成す縁(えにし)に
♪嗚呼、黄金(きがね)に輝く 永遠の乙女…
ダラッタ・ラタッタ…♬ 夢魔乃雫


一応、『魔法の剣織り成す縁』の所で
ルーク&ゼルもワンカット友情出演で

ではまた(^o^)/

原作の小説を読んだ上で世界観を
鑑賞して欲しいです。

最近間が空いてるので次作も頑張らねば^^;
ではまた

| | コメント (2) | トラックバック (0)

白妙の花房柏葉八重紫陽花

鳥撮トリ@プルとり3のお届けする首都圏近郊ローカルニュースで旬の花便り

ねっとDEお花見・紫陽花特集2017
気の早い開花の早生咲きアジサイが
好評の為、またまた見付けて来ましたw

例年なら一番最初に咲くあの白い花❀
人文系で短歌を交えて夢魔乃雫名義にて
第二弾まいります!


1494977128572.jpg



白妙の花房柏葉八重紫陽花


初夏の足音そっと伝えて 夢魔乃雫




(シロタエの はなぶさカシワバ ヤエアジサイ


しょかのあしおと そっとつたえて)



はい。いつもの悩みの長い花名
句またがりを用いても、それでも入りきらず
字余りが出るのはご愛嬌^^;

ここ四、五年流行りの北米産スノーフレーク
と思われる品種。
開花時期が早く見頃のキープが長いのが
この柏葉八重紫陽花の人気の理由かと思われます。

前回の今期発生紫陽花公開後、反響があったので
どこかてさいてないかなぁ〜とめぼしい所を
探していたら都内某所にて見つけましたw

いつもは地元千葉市川から開花を確認ですが
今年は残念ながら遅めでまだ開花未確認。

そんな紫陽花通信第二弾でした。
お楽しみいただけたでしょうか?

ではまた(^^)/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

早春に寒咲桜引き較べ…

鳥撮トリプル@とり3のお届けする首都圏近郊ローカルニュースでねっとDEお花見・旬の花便り
人文系て短歌を絡めつつ
『寒桜系:カンザクラ)』系の早生咲きの品種
を主題に夢魔乃雫名義で一首

画像は寒桜系の中から濃い紅の
河津桜(カワヅザクラ)と阿亀桜(オカメザクラ)
です。

🌸河津桜(カワヅザクラ)
1489798901736.jpg


🌸阿亀桜(オカメザクラ)
1489798903148.jpg




早春に寒咲桜引き較べ


桜眺めて 歌を詠めて 夢魔乃雫




(そうしゅんに カンザキザクラ ひきくらべ


さくらながめて うたをながめて)



語呂の字数が纏まらず、今回は
句またがりや字余り等では無く
寒桜を寒咲桜(カンザキザクラ)
としておりますのでご了承を。

そんな早生咲きの桜二種。関東での開花時期は…
🌸河津桜(カワヅザクラ)二月中旬位。花期は長く3週間〜一月近く。中輪、桜色よりは濃い目の紅色。一重咲。
※今年は番外に早く一月末開花

🌸阿亀桜(オカメザクラ)
二月下旬から3月初旬位。花期は染井吉野よりは長く二週間位ですかね。風雨で散り易い小輪、濃い紅、一重咲。
※今年はかなり早め二月始め開花。

ココログの画像アップロードが、規定サイズ以下にしても失敗で上手く行かず記事公開滞り日延べしてすみませんm(_ _)m

ポチポチと公開していきますのでお楽しみに

| | コメント (4) | トラックバック (0)

12月の蒲公英

鳥撮トリプル@管理人です。
昨日中に纏め切れず
一日遅れとなってしまいましたが
3.11区切りの日に応援ソングを贈りたいと思います。

タイトルは


『12月の蒲公英』




です

1489297565985.jpg


Ah… Ah…Ah…
寒さに凍えて ひもじさに泣き濡れて
暗闇に震えて 明けない夜に 膝を抱えて…wow

愚かな猿が 星を傷つけ 大地を穢し
弱き者踏み付け 恵みの海汚し…mh
欲に駆られて数多の罪積み重ねて…

積み木崩しのように 街も道も営みも台無し
一瞬でメルトダウン 煉獄と黒煙に塗れる
幾世紀も消せない 最悪の災悪の罪悪撒き散らす…mh

救いの無い 出口の無い閉塞感に
星が命が 声にならない叫びをあげてる…woo wow


そ・れ・で・も 時は廻り

差し伸べられた手が 世界中から
温かなぬくもりと 思いが ほら、届くよ!

さぁ。痛みを乗り越え…
まだ寒い師走の朝に アスファルトの壁破り
小さいながらに 命の息吹が 希望をもたらす…mh

花開く 12月の蒲公英(タンポポ)のように

季節外れに 春に先駆け 心の雪解け届けてくれる
光差す春の訪れ 穏やかな故郷の日々取り戻すため

少しずつ歩んで行こう!

きっと
あの日を忘れない(心に刻んで)

ずっと
過去に埋もれさせない(明日に伝える想い)

一人一人の力は 小さくとも
小さな花が 寒さに負けず アスファルトを破り
花開き春運ぶ 姿に習い 進んで行こう 少しずつ…

季節外れに春を届ける 12月の蒲公英(タンポポ)…mh
 Lyrics by Rhyme hirmit


続きを読む "12月の蒲公英"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

中山の河津桜も早も咲き…

鳥撮トリプル@とり3のお届けする首都圏近郊ローカルニュースで早生咲きの寒桜系の桜のミニ特集

続いてはこの間と同日1月27日
中山法華経寺の河津桜です。
例年千葉県市川市内の他の二ヶ所と
同時期咲いているので
開花時期と見た目の印象から河津桜
と思っていますが
今回は通常より二週間以上早く開花
なので一度よく調べてみないと
もしかしたら品種違いかもしれませんね。

そんな様子を雫名義で一首

Cymera_20170130_110639

中山の河津桜も早も咲き

弥生先駆け春の装い 夢魔乃雫

(なかやまの カワヅザクラも はやもさき

やよいさきがけ はるのよそおい)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

睦月末心和ます花模様寒空映える寒椿桜

鳥撮トリプル@とり3のお届けする。首都圏近郊ローカルニュースで旬の花便り
気分はちょっと季節先取りで早春のサクラ。
寒桜系のミニ特集!人文系で短歌、俳句絡めつつ
関東界隈で一月、二月にもう咲いている桜のお話をお届けしていきます!

はぃ。と言うことで
今回は同定違いだったらごめんなさい
母種に寒緋桜が入っているのは
多分間違い無いかと思いますが

『修善寺寒桜:シュゼンジカンザクラ』
『河津桜:カワヅザクラ』ではなく
しべが長いので『寒椿桜:カンツバキザクラ』かなぁ~
と思っていますがいかがでしょうか?
千葉県市川市では多分、初めて見かけました。

強風で撮影も難しい状況でしたが
そんな早春の桜を愛でつつ短歌を一首



Cymera_20170129_153437

睦月末心和ます花模様寒空映える寒椿桜 夢魔乃雫




(むつきすえ こころなごますはなもよう


さむぞらはえる カンツバキザクラ)




カンツバキザクラが八音で
句またがりも出来ず、普通に字余りで失礼(T_T)

ちなみに同日1月27日時点で市川市某所の河津桜は開花
寒緋桜は蕾膨らみ数日中に咲きそう。

陽光はまだ少し先
山桜は開花の気配無しといったところでした。

ではまた


| | コメント (2) | トラックバック (0)

鈍色の雲を映して水鏡…

鳥撮トリプル@とり3です。
投稿ペースアップと創作の投稿アップの為
ご交流いただいているお友達へのコメント等の転記で
記事投稿頑張ります!


という事で現在も活動されているお友達の中で
一番古いお付き合いとなる
みいさんの記事
『〜水鳥たちの平和な世界〜』

にコメントさせていただいた
野鳥に言及やオマージュで贈った短歌を含む
内容を転記します。

※原文はこの下から⇓

みいさん今晩は。師走も更け行きますね!

9月頃から渡らなかなった通し鴨(コガモが多い)や
渡らなかった燕(越冬燕)の様子を見たり

カモメが渡って来たり、出たり入ったりの
顔ぶれを眺めると面白いです。
ヒドリガモの群れにはアメリカヒドリ
コガモの群にシマアジとか
キンクロハジロの群れにアカハシハジロとか
何百羽も飛来する所には間違い探しみたいに
レアなお客様がいる時があります(^^)

鴨が登場で、ちょっと調子が出てきたので
鳥の記事に絡めて久々に
一首オマージュを贈ります。



鈍色の雲を映して水鏡


鴨の輪舞に揺れる冬池 鳥撮三




(にぶいろの くもをうつして みずかがみ


かものロンドに ゆれるふゆいけ)




鳥つながり…
鳥撮三名義はもしかしたら、実は初かもですねw

ではまた


| | コメント (2) | トラックバック (0)

そぞろ寒巷賑わす櫻かな…

鳥撮トリプル@とり3がお届けする首都圏近郊ローカルニュースで旬の花便り
ねっとDEお花見・十月桜2016
ねっとDEお花見で秋冬咲きの十月桜を既に
公開済ですが人文系で短歌を絡めて

最近語呂枯渇気味、既存とカブり気味なので
久々に語呂のお勉強を兼ね
ボキャブラマスターしますたぁ〜
と、秋の季語『そぞろ寒:そぞろさむ』を
ネストしつつお届けします。


1478352785597.jpg



そぞろ寒 巷賑わす櫻かな




(そぞろさむ にぎわすサクラかな)




十月櫻咲いて秋更け 夢魔乃雫




(ジュウガツザクラさいてあきふけ)



更け行く秋ですが急に寒くなったせいか
柿の実を目白や鵯たち野鳥が大はしゃぎで突く感も無く
北海道でこの時期としては記録的豪雪とか…

寒暖の差が大きく四季ではなく二季化?
と思うのは私だけ…

記事は松茸特集のクロージングに向かいつつ
牡蠣特集始めたいと思っています。

本格的に冬に入る前に創作の秋
小説かお絵描き公開したいとは思っています。
出来るかな?^^;で

はまた

| | コメント (2) | トラックバック (0)

秋の彼岸朱に白妙華やかに…

鳥撮トリプル@とり3のお届けする
首都圏近郊ローカルニュースで季節の花便り

ねっとDEお花見・彼岸花の続きで
人文系で短歌絡めつつ紅白揃い踏み参ります!

1474939085427.jpg


秋の彼岸 朱に白妙華やかに


曼珠沙華咲き 秋も更け行く 夢魔乃雫




(あきのひがん あけにしろたえはなやかに


まんじゅしゃげさき あきもふけゆく)




写真の通り彼岸過ぎても咲いてだけじゃなく
蕾をつけてますね…
三日以内に開花して来週まで咲いてそう…
とはいえ、他のは花弁が白っぽくなって見頃過ぎですね。
蝉の音がやみました。
百舌鳥が山から降りてきて雨の中鳴いています。

更け行く秋
朝晩涼しくなっておでんが恋しい季節ですね。
近所の激安スーパーで秋刀魚が一尾79円

残業で帰宅時間が遅くてコンディション悪いのしか
残ってなかっので買いませんでしたが
なんで急に半値なんだろう?

豊漁とか水揚げ量が上がった風でも
ないんですが

安く商談できました…と表記
何故??それだけだとイミフ

同じ店で秋刀魚竜田揚げの惣菜買って食べました
ではまた

| | コメント (6) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧