鳥果(ちょうか)

紅枝垂れ咲いて迎える初燕

鳥撮トリプル@とり3がお届けする首都圏近郊ローカルニュースで旬の花便りと渡り鳥のお話

地元千葉県船橋市某所の
紅枝垂れ桜が二週遅れぐらいで開花
到着が大分遅れていた燕も本日、今期初認。
10日から二週間遅れの飛来でしょうか…

そんな様子をねっとDEお花見に
人文系でタイトルDE俳句も絡めて
鳥つながりで鳥撮三(とりとりみる)名義で一句


1491268348740.jpg



紅枝垂れ咲いて迎える初燕 鳥撮三




(ベニシダレ さいてむかえる はつつばめ)



先週また寒さ戻った感がありましたが、今日はポカポカ陽気で春爛漫ですね。


水仙も園芸種のでかい喇叭水仙が色んな色でカラフルに咲き乱れ盛りですね。

蒲公英も中休み経てあちこちで盛り。
茎の長いのと短いの、品種の違いなのか踏み固められた所は短いのか?ちよっと調べてみたいと思います。

ではまた
ではまた

| | コメント (4) | トラックバック (0)

更ける春時を忘れて迷い百舌

鳥撮トリプル管理人です
ここ数日モズに似た鳴き声を聞いていたのですが
昨日出かける前家の前の電線で
カラス二羽とひと悶着の鳥が一羽
シルエットのみでしたが尻尾を回してジギジギジギ
百舌っ子でした

鳥撮三(とりとりみる)名義でそんな百舌の詩です

更ける春時を忘れて迷い百舌 鳥撮三

(ふけるはる ときをわすれて まよいもず)

つがいで市街地で特定の場所残った事は過去何度かあるのですが
そういう感じではないみたい

生殖羽時期じゃないし詳細が見えなかったけど多分オスですね
どうしたんだろう?

通常は秋冬、エサを求めて山から下りてきて
春帰るんですけど

今日は短い高鳴きしてました

ではまた

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鈴鴨の漫ろ集くや三番瀬

鳥撮トリプル管理人、鳥ブログであることを忘れないように
たまには思い出したみたくcoldsweats01時節の鳥さんネタを
あと、俳句もちょい最近間空け気味だもんで、バランス考えカウンターステア!!
言葉の魔術師の語呂の勉強ボキャブラマスターも兼ねた
タイトルDE俳句で欲張りにアレもコレも一気に実現!十兎追って十兎GET!!
でお届けします

今日の主題は羽の部分が白い通称羽白鴨(ハジロガモ)の一種で
素もぐり潜水上手でお魚捕り名人な鈴鴨(スズガモ)さん

飛ぶときの羽音が鈴を鳴らしたように響くことに由来する雅で素敵なお名前

谷津干潟葛西臨海公園など三番瀬の名物で海沿いではポピュラーな冬鳥の鴨の仲間なんですが
この時期は海老川真間川沿いなどで近縁で見た目もよく似た
金黒羽白(キンクロハジロ)や少し似た星羽白(ほしはじろ)との混群に混じっていたりして、少し内陸よりの海岸線2~3キロ圏に出没しています
そんなスズガモの詩を一句

古文と古語の語呂のお勉強を
古語Teacher?古語coacher?古語Teachストレート?
なんつってhappy02ティーブレイクしつつ

ボキャブラマスターしますたぁ~と
韻も小気味よく、ほんのつーーいでに、習作を実際に作ってみながら
言葉遊びしつつ、音の響きのプライム刺激で海馬直撃で覚えちゃいましょう!!

古語の語呂のお題は既出「集く」「漫ろ」の2本立て復習編です



鈴鴨の漫ろ集くや三番瀬 鳥撮三

分りにくいようなので上の俳句の読みを追記です↓

すずがもの‥すずろすだくや‥さんばんぜ

三番瀬
:読みは(サンバンゼ)
 東京と千葉にまたがる海洋生物や鳥達を育み抱く東京湾最奥部の遠浅の干潟、埋め立て開発や環境汚染、地盤の沈下などでその豊かな自然の存続が危ぶまれたが、市民運動などの甲斐あって現在開発は凍結され、往時より規模は小さくなったが、渡り鳥の貴重な補給ポイントや休息場などとなっている
Wikipedia:三番瀬

現存する千葉県習志野市の谷津干潟はかつての三番瀬の干潟の一部を整備保存したものでラムサール条約登録湿地として国際的に保護されている。
また千葉県市川市の宮内庁鴨場に隣接の行徳野鳥観察舎は一度は開発で、失われた自然を棚田を組み合わせたピオトープや浄水ポンプなどで、水質浄化、環境整備して復興した、いずれも保護と保全のシンボルでヒトと自然の共生のモデル


用いられた古語の意味は
集く(すだく):読みの通り、現代語の集まるの意

漫ろ(すずろ):漢字の漫然のイメージ、なんとなく、訳も無く、不意に…などetc

モチロンすずがもxすずろ で軽く韻踏んずけならが♪
鳥撮トリプル今日もいく

バーダーねた野鳥情報ですが、スズガモくんたち‥
ヤツラはちょい内陸のキンクロハジロのナワバリ
真間川と二俣交差点そばのお堀の鷺溜りにチョロチョロしてました!!

はい。今日はちょい真面目モード、語呂をとっかえひっかえして頭のストレッチしつつ
本気で遊びながら楽しくおべんきょーしちゃいましたネ
楽しく学ぶ!コレ大事

つぶやきでおなじみ鳥撮トリプルのマシンガントークのボキャブラリの語呂
一度体を通したからこそ、頭を柔軟に日々ストレッチしてるからこそ!
RAPのフリースタイルよろしく瞬時の返しつぶやきで出てくるんです。
魔法のタネも仕掛けもちゃんとあるんですよ!

優雅に泳ぐ白鳥も水面下で絶え間なく水かきを動かしていること
何事も一日にしては成らず…わ・す・れ・ず・に!

と、勉強しちゃいましたが、夜は軽いタッチの記事も行っちゃいまSHOW

ダブルヘッダーでコネタマ記事も参加するので夜また見に来てちょ!!

んでは~またぁネェ!!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

更ける秋百舌鳥を探せば尉鶲

鳥撮トリプルお届けする秋の詩
ちゃんと鳥撮りもしないとね!と
祝日の水曜日に鳥撮と花撮りを兼ねて、ちょこっと市内の小さい秋探しに出かけました

地元千葉・市川の秋もしんしんと
辺りを朱に染めつつ更けてきましたねぇ

そんな様子を鳥撮三(とりとりみる)名義でタイトルDE俳句



更ける秋

百舌鳥(モズ)を探せば

尉鶲(ジョウビタキ) 鳥撮三


続けて短歌バージョンだと

更ける秋

百舌鳥(モズ)を探せば

尉鶲(ジョウビタキ)

見つけて嬉し

北方(ぼっけ)の池端 鳥撮三



方や尻尾回しの百舌鳥ん仔モズたん、方や尻尾フリフリのおジョウさん
ジョウビタキご到着みたいですね!

今期の初認は北方遊水地裏手
そして同日、じゅん菜池に鴨渡りと十月桜の開花を見に行く途上
北国分の調整池付近でも見ました。

多分両方とも雄だったように思うのですが、はっきりしませんでした。

日にちが変わって日曜日ぐらいからは
鳥撮トリプル管理人の自宅の目の前の電線をソングポストに
「ヒッヒッヒ」と縄張り宣言のようです

到着直後なので、警戒心が強くまだモデルさんに撮影許可がもらえていません。
先着の百舌鳥のほうはそろそろ撮らしてくれてもいいと思うのですが、鳥撮りをサボっているせいか早撮りができずもたつく間に飛んで行ってしまいますね。
リハビリしないといけません

んではまた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋晴れに百舌高鳴きて秋告げる

鳥撮トリプルのお届けする秋の詩
鳥ブログなのに鳥の記事が無いよ!と怒られないようにバードリスニング聴果から

はい
「ジギジギジギジギ!」
と朝の静寂に響き渡るあの声の主 

「小さい秋、ちいさいあき、ちいさい秋みっつけたぁ♪」
ということで、秋到来を告げる秋の口の代表的な鳥の鳴き声

「チッチキチィ」では無く「ジッジギジィーー」のモズのおはなしです
さっそくタイトルDE俳句鳥撮三(とりとりみる)名義で一句


秋晴れに百舌高鳴きて秋告げる 鳥撮三


先週、百舌が山から里に下りてきたか?
冬鳥の鴨たちは渡って来たか?
ツバメは越冬してるか、無事渡ったか?

ついでの花撮りで彼岸花はまだ咲いてないよねぇ?
朝顔が咲き残ってるところは?白粉花の咲いているところは?
と花も愛でつつ軽く鳥さんのチェックしに行ったのですが

百舌ん子はまだおらず
鴨かもカモニン!
カモさんたちは、例年の北方遊水池の通し鴨のコガモたちのみで渡りはまだの様子
そして、最後の育雛が遅かったので心配したツバメの仔らはみな渡って越冬燕はいないみたいでした

そんな鳥見の近況ですが
日曜日の朝に、自宅より今期初の百舌の高鳴きを遠くに聞きました。
そして今朝はすぐ間近、お隣さん家から5時半ごろ高らかに百舌の高鳴きが聞こえました。

百舌んこモズたん。
蛙や蝗など早贄(はやにえ)を枝先などに刺して、辺りに高々と囀って己の存在を示すのですが
あれってどうも貯食というよりディスプレイ的な要素が強く、食べ残しが多いお行儀の悪いモズたんなのですが・・・
見た目は可愛らしいようで意外と獰猛、リンネの分類では猛禽とされていたはず
わたしの好きな鳥のひとつですね

そんな秋つながりで、旬の食べ物もフルーツ一辺倒じゃなく
秋味(鮭とまつたけ)、そして柿、戻りカツオ、秋刀魚と記事つなげて行きたいと思っています。

んではまた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小鰺刺探して歩けば北国分

鳥撮トリプル管理人です
バードウォッチングのネタが無いよ!と、いうことで、鳥ブログらしく鳥さんネタを俳句を絡めてまいります

地元、千葉・市川市内でコチドリを見かけないので五月ごろ撮って未公開のコアジサシです
絶滅危惧種で、首都圏近郊では、谷津干潟や三番瀬など局地的な飛来があるのみの飛翔形のシルエットが美麗で印象的な白い鳥

谷津干潟などは飛来が多いので、普通の鳥かと思い違いしてしまいますが、実は数の少ない鳥なんですよね

そんな鳥の姿を求めていた端午の節句の頃を、写真を見ながら追憶にかられつつ一句


小鰺刺探して歩けば北国分 鳥撮三


P5040049

P5040052

P5040053

P5040062


遠くて申し訳ない、証拠写真のみですが、行徳野鳥観察舎葛西臨海公園・鳥類園谷津干潟などに行かなくても、住まいの最寄にこの鳥がいるということは喜ばしい事です

うちの近所でも、北方遊水池や大柏川、K公園、某調整池などで例年見られたのですが
昨年ぐらいから北国分のほうでしか見かけなくなりました。
中州の場所が変わったりもあるんでしょうが、大柏川の護岸工事でそこいらじゅうほじくり返していたのが一番大きいかと…

タシギも北方遊水池付近以外で見かけなくなりました。
ということで、白い綺麗な鳥を探して市内を彷徨い、結局ここしかいないのか
と、鯉幟がたなびく頃に訪れると4羽ほどの寂しい飛来状況ですが、姿を見かけてほっとしました。
あの後、もう少しは渡ってきて数が増えたでしょうか?
遭いたくなったら習志野の谷津干潟に行くのが、一番お勧めですね

今年は、綺麗な鷺、ヨシゴイの雛が孵ったかチェックにいけていませんが、そろそろ見てきます。

そして食べ物は、メロンにスイカの特集のほうは、そろそろ夕張メロン公開します
お待たせしてすみません。
夏ばて防止に鰻のネタ、最近空いてしまっているお寿司ねたお待ちくださいませ!!

それではまた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巣立ち雛集きて翔る玄鳥

鳥撮トリプル管理人、一応このブログは鳥ブログなんで忘れられないように久々に時節の鳥の詩をおひとつ、申し訳程度に参ります

ということで、昨日は京成バラ園の春薔薇撮りの帰りについでもひとつ欲張りに十兎追って十兎GET!!
船橋東武『ロールの日』にちなんだ限定ロールをげっちゅーする道すがら紫陽花の開花具合を見つつ、巣立ち雛を見やる

いましたね

今年は降雪のせいで、渡りが遅れ、数も少なめなのですが
一番子らしき巣立ち雛が仲良くじゅびじゅびと隊列を組んで飛んでいるのを見つけました
そんな一齣をボキャブラマスターしますたぁ~と
古語と古文の語呂のお勉強しつつ、習作を作って実際に使ってみます
今日のお題は既出の『集く:すだく』の復習です

鳥撮三(とりとりみる)さんが一句いく?と詠んでくれます


巣立ち雛集きて(すだきて)

翔る玄鳥(つばくらめ) 鳥撮三

【イラスト01】燕の一番子のおいかけっこ
Cocolog_oekaki_2010_06_14_08_30

お約束の待て待てぇ!アレですね

とまぁ、タイトルDE俳句のほうも軽く韻を踏みフミ鳥撮節
巣立ち集く

できてますね
朝遅刻しそうになりつつ、5分ぐらいでココログのお絵描きツールで悪戯書きイラストチョンの間で描いてみました。もう一羽ぐらい描きたかったんですが、うーーん正方形の画面が狭くて断念…

はい。ということで巣立ち雛といえば
雀の子は例年と変わらず先月中頃から末ぐらいから河原の護岸にへばり付いて
山男ロッキーのごとく、「しゅびび」とチョンの間飛翔とフライキャッチで自立を目指しています。

対して里の雀っ子は人が近づくと横に逸れずに進行方向に逃げてしまう、巣立ち雛
よよよよ!と雀の雛などは上手く飛べずに拙い様子が見られますね
本能では無く学習によってだんだんにそういう事をちょびっとづつ学んでいくんですね。

そんな訳で燕家では
兄弟が巣立ち始めました。

まだ、おとんやおかんにご飯を貰ってるようですが、飛翔練習しつつ、餌の獲り方も覚えてやがては若鳥たちだけのグループを形成して、渡りまでの間過ごします

電線に団子が並んだようなおしくら饅頭の姿が見られる時期のピークはこれから後、梅雨明け後ですね

食べ物ネタは夜更新でデパ地下の限定ロールをいきたいと思います
んではまた

続きを読む "巣立ち雛集きて翔る玄鳥"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

彩りの鴛鴦探して御苑まで

鳥撮トリプル旬の詩
渡りの鴨さん鴛鴦さん、明治神宮からは姿を消してしまってますが新宿御苑で見っけ

潮垂る雨情にうたれつつ、彩りと鴛鴦で軽く韻を踏みつつ鳥撮三(とりとりみる)名義で一句いく?

彩りの鴛鴦探して御苑まで 鳥撮三

Photo

Photo_2

Photo_3

関連記事:鴛鴦の足取り何処玉藻池

はい。前回のアンサーソング的な句になってますねぇ~
あたりをつけていた玉藻池には、スズガモくんとキンクロハジロくんの羽白ファミリーしかいなかったのですが、新宿御苑にオシドリさんたぁ~んといたよ!
いつもわたしが気が付いてなかったダケだったように思います。
ドングリが好きな鴛鴦さんですからねぇ。ドングリサーチすればみっかるかもよ!
カモだけに…

しっかしまぁ、前回出動時にはメトロで事故
丸の内線がストップして新宿御苑行きは断念
急ぎ行き先変更して臨機応変に車懸かりの陣よろしく、早春の桜と椿でも撮りつつついでに、ハクチョウとパンダガモを撮ってやるか!と皇居東御苑へ向かいましたが、四時閉門との事で三時半以降は門前払い

それではと、外堀を巡ってミコアイサを探しましたが逢えず
なんとかコブハクチョウのコブたんファミリーとキンクロファミリーを撮って身も心もさめざめと寂しい鳥果での帰宅でした
それなりに人事は尽くしたンですが臨機応変にも限りがありますね。

そんなリベンジの新宿御苑への鴛鴦詣で
んまいこと有情の雨情の二乗の事情で雨宿りのオシドリ撮りぷる
遠いよぉ~暗いよぉ~ですが、証拠写真をぱちこん撮ってきました

携帯から投稿のためデジカメ画像を携帯で写メしたのですが、ココログの携帯投稿が調子が悪く、PCにメールを転送しなおした為、もともと悪い画像が更に荒れています。
また、新宿御苑に出向いた際に撮りなおしてきます。

ついでといってはなんですが、新宿にちなんだ鳥撮節の横ネタで
昨年の宿題を完成!!
JR新宿駅南口改札内のエキナカ駅弁屋の昨年11月ぐらいから本年3月末まで土日限定の地方有名駅弁、買い逃していた
新潟発のあのインパクトのある駅弁『まさかいくらなんでも寿司』
ついにゲッチューしたりました。

名前はほーんとにふざけてますがwink わたしは結構こぉいうのスキです!
鱒(ます)の「ま」
鮭(さけ)の「さ」
蟹(かに)の「か」
鮭卵(いくら)の「いくら」

から名を取った名実あるなかなかに実力派の豪華な散らし寿司です
ちなみに蟹は
楚蟹(ずわいがに)でした

錦糸玉子をあしらえた逸品はまた今度別記事で紹介しますが
この時期鳥撮トリプルといえばもちろん桜!サクラ咲くということで桜通信も!!

新宿御苑の桜ですが、2月頭に首都圏を寒風で苦しめた雪の功名で
新宿御苑の早春の桜が少し開花遅めで、寒桜が見頃終わりながらまだ咲いています
本日雨の中確認したところ、修善寺寒桜(しゅぜんじかんざくら)が満開から散り始め寒緋桜(かんひざくら)が満開で見頃河津桜(かわずざくら)が見頃過ぎで散り始め七分咲きぐらい、オカメ桜が満開から散り始め
陽光(ようこう)横浜緋桜(よこはまひざくら)大寒桜(おおかんざくら)などは開花まだのようでした。
ということは、3月末迄の地方の有名駅弁フェアと桜花見の夢の競演
土日のみの週末限定ですが、新宿でコラボっちゃえますよぉ!!


地方の有名駅弁のお薦めは味と彩り八戸名物海胆一途イチオシです
粋に俳句で紹介した人気過去記事も復習で見たッテネ!

過去記事:舌先に蕩ける味わい海胆一途

ま、詳しくはまさかいくらなんでも寿司の記事にて書いておきますんで、要チェック!!
お勧めとともに売り切れ必死の人気駅弁の買い方指南の丸秘情報のコネタもつけておきます

んではまた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

放たれし鷹が描くは飛咲花

鳥撮トリプル管理人、例年の宿題となっている三が日の浜離宮での鷹匠の放鷹術の見学についてご報告があります。
残念ながら今回いきそびれてしまいました。
実家帰省時に甥っ子、姪っ子が来ていて2日に帰宅するつもりが…
2日、3日各日午前午後催される諏訪流放鷹術の実演の貴重な機会を見逃してしまいました。
今年こそはハヤブサの急降下をちゃんと撮ろうとリベンジに燃えていたのですが、ここ三年ぐらい会っていなかったし、子供たちがよくなついてくれているので、親戚付き合いも大事ですしね。

愛読者の皆様には、心苦しくて切り出しずらかったのですが
埋め合わせ第一弾、俳句でまずは一句

放たれし鷹が描くは飛咲花(ひさくばな) 鳥撮三

鷹狩り用語で鷹(主にオオタカ)の尾羽の先端の白い部分を指して、飛咲花(ひさくばな)と呼ぶのだそうですが

擬似餌や、鳩などを追って勇ましく鷹が飛翔を舞い飛べば、尾先の白い飛咲花が花開きます。

画像の埋め合わせは昨年と一昨年の浜離宮の諏訪流の放鷹の様子のストックと、そして年末の葛西での自然教育フライングホークチームの猛禽のフライトショーの静止画と動画でさせて頂きます。

まずは、俳句でと
鷹狩の風情と正月にちなんだ縁起物、一富士ニ鷹三茄子になぞらえて
冬の季語でもある鷹を一語入れてみました。


苺の特集の合間に一語なんてことでこの辺でカンベンしてください。

ワイルドバードのウォッチ野鳥のほうはといいますと
実家帰省しところ、灰鷹が止まり木にしていた木が切られてしまい、土手の下草も刈られてしまって散々な状況でした。

夕方子供らの隙をみて、チョンの間小一時間の鳥見したところ
カワセミにカルガモ、ヒドリガモ、それから毎年正月頃見られていたのに昨年見逃したカワアイサを1羽のみ飛んで逃げていくのを見ました。
雄でした。

一昨々年までは雄2羽と雌1羽を見かけていたのですが、環境の変化のせいでしょうか。
うちの実家あたりは牧歌的な感じで開発とは無縁だと思っていたのに、更地になったり、無作法者が草を刈ってしまったりするんですよね。
カワアイサって市のRDBとかじゃないのかな?
などと心痛めたりしていたのですが、小田原市内にいるとされてたコチドリに似た鳥、イカルチドリらしき鳥を初めて見つけました。
その他、モズ、ヒヨドリ、カラス、アオサギ、セッカ、ホオジロ、セグロセキレイ、ハクセキレイなどがいました。
そして、今まで1度しか実家付近で見ていなかったキセキレイが3羽フライングキャッチで餌をとっていました。

コチドリに似た鳥の識別は不確かなのですが、シロチドリは内陸寄りに5キロ以上入ってるからいる可能性低いと思いますし、シルエットが違うし、確認例が無い、コチドリは渡り鳥で3月頃にならないと渡ってこないはずなので、怪我や何かの理由で越冬してなければ、たぶんイカルチドリであろうと思われます。

声は聞いていて、時たま飛んで逃げていくのはチラ見してましたが
餌獲りに降りたところを遠めに見れました。
アイリングがコチドリよりも不明瞭で、頭部の黄色と黒の具合なども確認したかったのですが、夕まづめで暗いし遠いし頭部の詳細は無理でした。
キセキレイもイカルチドリも野鳥には迷惑なのですが、下草が刈られていたから見えたんですね。

鳥たちには、過ごしにくい環境になっちゃったんですねぇ。気の毒に
と、いった神奈川の鳥見鳥撮りの鳥果でした。

んではまた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

羽白鴨来たれば師走もいぬめりけり

鳥撮トリプルのデイリーブログランキング一位達成を記念して、愛読者感謝で平日の仕事の合間にいったいいくつ記事投稿できるか、連続投稿しています

と言ってもまぁ平日に仕事の合間なので限界がありますけれども…

そんな訳で日付を跨ぐ直前、時間がない時はタイトルDE俳句しながら
古文と古語の語呂のお勉強をボキャブラマスターしますたぁ〜と、鳥撮三(とりとりみる)名義で、実際に一句習作をつくってみつつお届けしていきます。

きょうのお題は『いぬめり』


羽白鴨(はじろがも)来たれば

師走もいぬめりけり 鳥撮三


用法がもしかして誤法だったらすみません

一応意味を書いておくと
いぬめり:過ぎ去っていく

『けり』詠嘆(えいたん)を使ってみたんですが、これ大丈夫ですかね?

ということで、俳句・川柳でランキング1位生物ネタで4位ローカルニュースで2位ご当地ブログの千葉で5位のランキングを頂いているので、全部満たす要件という事で本日の連続投稿〆の記事は、真骨頂の鳥ブログ鳥ネタを季節の旬にからめ俳句にしました。
そういえば、時事のワイルドバードの猛禽ネタ年末年始の猛禽フライトショー自然環境の保全や鳥獣保護ズーストック餌やり問題の事などを書いていたのを評価してもらったのかもしれませんね。

今回の主題となっている羽白鴨の一種のキンクロハジロ、漢字で書くと金黒羽白とそのまんまなんですが、そんな潜水上手なカモさん
今期千葉県内では、海老川と真間川、じゅん菜池で遭っていて、新宿御苑でも見かけていたのですが、本日ひっそりと、うちの近所の貯水池まで北上してきてました。

昨日と一昨日は、綺麗なべべ着た翡翠(カワセミ)くんが連続して羽安めしていたんですが。
久々にカワセミがやってきていたのは、水位の問題なんですかね。
雨があまり降って無いせいか、近頃だいぶ水位が下がってます。

そういえばこの時期は、一月ごろにつがいで夫婦翡翠(めおとかわせみ)が、「ぴょーん!ぴょーーん」と短い飛翔と着地を繰り返し愛のフライトディスプレイをしつつ、巣穴に最適な新居探しをしていたのは数年前の12月から1月にかけてでした。
例年、ハクセキレイつがいの雅な舞いがみれるのもこの季節。
そんな秘蔵の画像もおいおい公開していきたいですね!

ふぅー。クリスマスのイルミ限定プレミアムのロールケーキクリスマスのスイーツ
そして、レギュラーデーのコンビニおやつと、晩御飯までは、1日にそこまで記事連続投稿無理でしたね!!
ネタは有り余っていて未公開フォトがあふれているんですが、実際に記事にするのはこれぐらいまでですね。

昨今は無線LAN付きのSDメモリのEye-Fiとかあるんですが、アドホックはサポートしてないので、ルーターが無いとダメ!
だから、ウィルコムのどこでもWi-Fiとか必要なんですがいかんせん通信スピードがボトムネックになって動画やでかい画像の自動更新には不向き!!
直近でイーモバイルのPocketWiFi
が発売されたので、今後に期待!!
やっとこさ7Mbpsですかしかもまだお高い。

あとは21世紀的に音声入力と手書き入力併用で、ブログの記事にせよ、その他メールなどにせよキー入力から開放されないと、なかなかにこれ以上の頻度、ボリュームを効率あげるのは限界に近いですね。
ビアボイスペンタブレット使っているし、便利なのですが、この要件を満たすレベルまでは、まだ到達できておらず…
もうちょいの辛抱ですかね。
満足のいくレベルのモバイルブロードバンドほど近い未来、あと数年後には
モバイルWiMAXも普及か!!

ということで、加筆でテクニカルの横ネタを。
脱線ねたも鳥撮トリプルのお家芸ですしね!

ということで平日も、それなりの分量で画像付きも含めた記事が4件投稿可能でした。
ただし、多忙なのと、記事が埋没するので日に1件から3件ぐらいにしています。
毎日投稿自体がかなり厳しいし、頑張り過ぎるとオーバーヘッドで疲れが出てリバウンドしちゃうんで。

本日はあえて無理をして、愛読者の皆様へ、ブログランキング1位を賜ったお礼として
連続投稿してみました。

これからも応援してくださいね!
んではまた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧