昆虫

空蒼く雲の過ぎ行く夏空に…

鳥撮トリプル@とり3のお届けする首都圏近郊
ローカルニュースで夏のお便り蝉の詩
例年恒例夏の風物インセクトにコンタクト!

今期は松蝉(ハルゼミ異称)、油蝉、ミンミンゼミと
来ていますが熊蝉ではなくミンミンゼミ
をお友達の皆さんのリクエスト通りイラスト付きで
仕切り直しでもう一回行っちゃいます!

スマホアプリ『サイメラ』で手描きお絵描きシリーズ
といえば懐かしの蝉シリーズから始まった!

とり3のズーロジカルアートあれからの進化
eye目ん玉ひんむいて見届けなはれ!!

そんな訳でいつもと逆でイラストがメイン
おまけの人文系は
今回は短歌バージョンを雫名義で

【PC向け画像01】
あとから追加分!満足の出来栄えw
Cymera_20160724_235251


【携帯向け画像・ミンミンゼミ02】
バージョン違いのコラージュ2点でお終いのつもりでしたが
1469352488580.jpg



空蒼く雲の過ぎ行く夏空に


響く蝉の音ミンミンゼミよ 夢魔乃雫




(そらあおく くものすぎゆく なつぞらに


ひびくなつのね ミンミンゼミよ)



携帯から下書き投稿後も悪戦苦闘…拡大してチマチマと
瞳のアイキャッチをシャボン玉で描いてたんですが
ぬおぅ!臨界点突破!!リミットブレイク発動
限界を超えた小ささで奇跡的に左右両眼
ほぼ同じサイズでハイライト入れれた!
このクオリティは携帯の狭小液晶手描きでは
もう二度と再現できないレベル…
頑張りました!!

イラストは大人の事情で暫く勘弁して下さい^^;
ではまた

| | コメント (6) | トラックバック (0)

油蝉鳴いて向日葵夏告げる

鳥撮トリプル@とり3のお届けする首都圏近郊
ローカルニュースでねっとDEお花見
『向日葵』を主題に、同時期現れた『油蝉』で脇を固めて

人文系タイトルDE俳句も満たしつつ
夢魔乃雫名義で一句




油蝉鳴いて向日葵夏告げる 夢魔乃雫




(アブラゼミ ないてヒマワリ なつつげる)




梅雨明け宣言されないままフェードアウトか
夏はもうやって来てますね


6/30に今季の向日葵開花確認
油蝉は7/1確認したのにバタバタしていて
投稿できず数日経過しちゃいました。

ではまたCymera_20160706_125752


| | コメント (4) | トラックバック (0)

蝉時雨消え逝く晩夏静々と

鳥撮トリプル管理人です
ちょっと人文が空いてしまったので
毎年恒例蝉の詩も兼ねて雫名義で一句

蝉時雨消え逝く晩夏静々と 夢魔乃雫

(せみしぐれ きえゆくばんか しずしずと)

残暑は厳しいですが秋の気配の訪れ感じますね
今年は蝉の発生
鳴き始め遅く、アブラゼミとヒグラシ同時期ぐらい、間を置かずミンンミンゼミ
晩夏にツクツクボウシでしたが普段、住み分けで時期ずらして泣いてるはずが
だいぶ密集して短い期間だった様に思いました

ではまた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インターポット:お庭のトリックアート!蝉の羽替わり

鳥撮トリプル@とり3がお届けするココログ発のガーデニングネトゲのお話
インターネットでインターポット♬

ネットでお庭のとり3のトリックアートギャラリー

今回の記事はどでかいセミさんのその後
胴体部分のマバラギクが花が終わっていい感じになりました


インターポット
とり3さんの庭を見に行く

どうでしょうね?
アブラゼミっぽいイメージで作ったんですけど
場所を取りすぎて他のトリックアートを撤去せざるを得ないのが難点です

羽変りする前の派手な様子はコチラ

ではまた✿

| | コメント (6) | トラックバック (0)

空蝉や映す現世の夏の夢

鳥撮トリプル@とり3本日分の投稿は瞬のお題『蝉の詩』に因みつつ
連夜でココログの詩吟友達
今日はうららほのかさんの新作空蝉

いつもとり3の新作のフレーズなどを引用してれるので
presentオマージュ贈りたくなっちゃうのかなぁ?

キレキレにエッジが利いてる感じではないけれど、昨日よりはちょっと意識あるので
語呂のセレクトもなんとかこなし、2連作贈ってみます

空蝉や映す現世の夏の夢 夢魔乃雫

(うつせみや うつすうつよの なつのゆめ)

蝉時雨 消え行く秋は さみしくて 夢魔乃雫

(せみしぐれ きえゆくあきは さみしくて)

うつせみ うつす うつよ なつで韻を踏み

せみしぐれ さみしくてで音素を揃える

鳥に絡まなくて心情中心なので食べ物担当が多い雫名義にしました

ではまた

| | コメント (2) | トラックバック (0)

空蝉の残す余韻の秋の口

鳥撮トリプル@とり3のお届けする時事のお題蝉の詩
今期は初ですね

ココログの詩吟のお友達みいさんの残暑見舞い記事
夏の蝉~
へのオマージュです

空蝉の残す余韻の秋の口 鳥撮三

(うつせみの のこすよいんの あきのくち)

眠くて眠くて中七と下五が語呂決まらず四苦八苦しましたが
なんとかひりだして

ごめんなさい‥ちと限界‥寝ます

また明日

| | コメント (4) | トラックバック (0)

宇宙でしてみたい『おもろーな実験』それはリンネの花時計

鳥撮トリプルコネタマ参加
今日のお題は

宇宙でしてみたい『おもろーな実験』

それはリンネの花時計

コネタマ参加中: 宇宙でやってみたいオモシロ実験は?

ん?ダレですか、ハラ時計じゃありません!花時計です!!間違えないでねwink

朝顔、昼顔、月見草など開花時間の違う花を並べたリンネの花時計
宇宙空間とか、北極南極の極地だとどうなるんですかね?

温度、湿度、日照条件?
時間帯で咲いたり閉じたりする花って、曇りの日とか、日陰に入ってたりすると咲く時間間違えますよね?

宇宙空間だと咲かないんですかね?
まあ、温度は宇宙飛行士が生活できる温度になってるんでしょうけど。
宇宙空間で、太陽光は直接当てず、室内照明だけだとどんな事になるのか?

咲かないという可能性も含めて、知りたいですね。

ついでにオマケで、昼行性の蛾オオスカシバと、同じスズメガの仲間でも夜行性の蛾(オオスカシバ以外の蛾は殆ど夜行性)
このような蛾を放ち、地球上で本来昼行性、または夜行性の自分が活動する時間帯に、たまたま開いている不特定の花を利用するのか、それともいつも自分たちが利用する特定の花が咲くのを待って、その時間にその花を利用するのか?
とかやってみたいですね。
口の形とかが、利用する花の形に合わせて進化してると思うので、違う花を利用しようとしても思うように蜜吸えないと思うんですよね。
その時、どういう適用、順応性を見せるのかなぁ~って興味津々。
まあ、お花が咲いてくれないと、この遊びできませんけど。
昆虫の活動時間帯も、体内時計が狂う気がして、その辺りも知りたいですね。

多摩動物公園蝶が舞う大温室とか東武動物公園ほたリウムとか、それぞれ蝶やホタル、あるいはその食用の植物とかの育成を温度を低めに調整して、恐らくそれぞれの生育次期をずらして、一年中見れるようにしてるんだと思いますが。

で、話戻り、花が咲くか咲かないか?
植物の発芽が青のLEDで促進赤色LEDで開花促進赤青あわせた桃色が一番成長促進と昔NHKかなにかで見たんですが、宇宙空間でもしも室内光の照明で咲かなかったら、照らす色をこんな感じに調整すれば、多分咲くかなぁ。って思います。

すみません、マニアックですね。あははcoldsweats01
おまえ何がしたいの?って言われそうですね。

ココログニュース:”ノギャル”は成功するか
の最後にも書いてある通り、私も『渋谷発のおっされ~いギャル』のイメージ戦略では、一過性のムーブメント止まりで、農業は成功しないと思うんですよね。
本当に必要なのは、出荷時期の調整や、お天気や冷害などに左右されない育成じゃないでしょうか?
室内で、水生栽培のプラントで無菌状態で栽培されている例も現在あるんですよ。
室内栽培で無菌だと?そう、虫も病原菌もいないから無農薬なんです。

そういうメリット/デメリットが宇宙だとどうなるの?って感じです。

お題のまとめは
花時計実験で、咲く咲かない、時間のずれは生じるか?
咲かない時は、色付きLEDで人為的に咲く時間をコントロールできるのか?
実験してみたいですね。


がんばれ日本の農業、中国、アフリカやインド、人口爆発で食糧難が起きる前にせめて自米や小麦とか主要なものだけでも、自給率50%は超えてキープしておきたいものです。
輸出も、中国、インド、台湾、韓国に敗れつつあるんです。
輸出産業は盛り返して頑張ってもらうとして、輸入も減らしましょ。
んではまた

| | コメント (1) | トラックバック (0)

儚い切ないやるせない。線香花火のような想い出

鳥撮トリプル管理人が育った東北の南部、夏になると県民の森に程近い父方の田舎に、山の虫を取り、川のイワナを釣ったりと、帰省するのがとても楽しみでした。
ということで、またまたコネタマに参加中
夏の終わりの切なさ募る線香花火のような儚い思い出は…

コネタマ参加中:
線香花火のような、はかなく切ない思い出募集


儚い切ないやるせない。線香花火のような想い出

そうですねぇ。儚く切ない思い出も、それなりに生きてると色々とありますが
少年の日の夏の終わりの原風景が思い起こされます。

日、一日と、あえかに消え入く蝉の声。
羽化したかと思いきや、露と消え行くウスバカゲロウの一生ように。


暑い夏もいつしか過ぎて彼岸花の咲く頃、そんな夏の終わり…
もうカブトムシやクワガタはいなくなるそんな時分に、日が落ちかけて、夕焼けに染まる畦道に極彩色に玉虫色に輝く虫たちの群生が幻のように舞い飛んで、この世のものとは思えないような不思議なひと時を演出していました。

逢魔が刻が迫る刹那の幻影、太陽が地平に沈んでいく
Blanc(ブラン)
黒:Noir(ノワール)が融けあう黄昏時のその半歩手前。
私が出逢った妖しい群生の虫達の正体、それはオサムシの仲間でハンミョウという名の昆虫なのですが、たった一度だけ夕日に染まる夕空に舞い飛ぶ美しい大群生に出逢いました。


今、あの場所に訪れたとして果たしてまた逢えるのかなぁ?

色々情報を探してみますと、関東だと神奈川の横浜のほう、某所でこの虫の群生が見れるようですね。
わたくし毎年のように、梅雨時の源氏蛍(ゲンジボタル)
そして、夏の平家蛍(ヘイケボタル)を観賞しているのですが
蛍の青白いネオンサインのような灯火とはまた違った、光のイリュージョン
光の反射の加減で様々な彩りが時時刻刻とキャッツアイの如く
目まぐるしく繰り広げられるシンボリックな舞いはさながらカレイドスコープ
自然の織り成す不思議なまほろばの美しさに嘆息します


沈む夕日、迫る闇への畏れ。
ふと、我に返り『もう帰ろう!』と、足元が見えなくなり始めた小道を駆け出すように少年は帰途路を急ぐと、澄んだ空には降り注ぐ満点の星が瞬きます…

帰りが遅くなって、いつものように母親に叱れたのですが、そんな事はもう上の空でした。

夏の終わりと暮れなずむ日が相まって寂寥感をいやましていく
そんな生涯忘れる事ができない、センチメンタルな思い出です。


蛍の光や雨上がりの虹にも類似点が有るのですが、どちらかと言えば
満月の夜にだけ本当に極々稀に、限られた場所で、そして気まぐれのように
架かるとされる『ナイトレインボー:夜の虹』
滝の飛沫が舞って霧がかかったようなところにアクロス・ザ・レインボー。
ハワイのキラウエア火口付近にかかるのが、知られていますね!


そんな夜の虹のように甘く儚く捉えがたい美しさが
メランコリックにノスタルジックに私を虜にします…

いつか、あの少年の日の風景をもう一度見てみたいです。

夏の儚い想い出の心象風景、バックのBGMに
この間のコネタマ:海で聞きたいイチオシの曲は? でセレクトした
ケツメイシ:夏の思い出 YouTube:夏の思い出
をかけて欲しいですね!

沖縄やオーストラリアの海や空の蒼、沈む夕日の緋色よりも心に残る思い出

『きゅーーん』としますねぇ、はうぅ~。confident

お蔭様でBlogPeopleサブカテゴリランキングにて
「芸術・文学 / 俳句・川柳」部門」2位を現在賜っております。
「ニュース・一般 / ローカル」部門7位
「自然・科学 / 生き物」部門17位
「ご当地ブログ・千葉」29位
俳句やら、RAPやらもついでに覗いていってくださいね!
鳥の雛や蛍の動画をUPして、生き物部門ももうちょっと頑張ります。
ニュース・ローカルと、ご当地のほうは花火の動画をUPして巻き返しして盛り上げていきますので、応援よろしくお願いします!
ちょっと中断している俳句や短歌は、花火の動画の編集が終わったら再開しはじめる予定です。

それではまた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蛍狩り・足立区生物園へGO!

鳥撮トリプルがお届けする、旬の話題
夏の風物詩
花火の裏番組はホタルだよ〜!

そんな蛍狩り、今期は実家にゲンジボタル、姫蛍を撮りにいけなかった埋め合わせに
ヘイケボタルのシーズンに入り、新規のスポット開拓。

しかしながら、世田谷区代官屋敷蛍祭りと鷺草市が不発に終わり

今のところ、今期撮れたのは、例年撮っているスポットの市川植物園のみ。
ということで、リベンジの為に東武伊勢佐木線:竹の塚駅最寄りの『足立区生物園』に向かっています。

本日八月二日が蛍鑑賞の最終日との事
13:30、14:00、14:30、15:00、15:30、16:00
30分区切りで部屋を暗くして鑑賞実施してるとの事!

まだ間に合うよ。
夏休みの想い出作りに、ファミリーサービス家族の記念に
デートに。夏休みの自由研究に!

行ってみてね!
画像や動画は明日以降公開予定です。

はい。撮影のほうですが暗室での観賞で、カメラ禁止では無いけど写りませんよといわれました。
まぁ、ゲンジボタルもヘイケボタルも実際に撮ってますんで写らないというのは語弊があるんですけど、携帯電話の液晶の明かりが影響するから、携帯も利用しないでと言っていました。
そんな訳で、今回の手持ちのデジカメが液晶OFFにしても薄っすらと光ってしまう。そして、周りが暗いとナイトショットの赤い光が、フォーカスの時、自動的に一瞬光ってしまう。
それでホタルが光らなくなるということは実際に無い事ははっきりしているんですが、主催者側がしないでくれという事は自粛しました。
もう一台以前のメインも持っていってはいたんですが、そっちで撮ろうと暗闇の中で、カメラは写らないですよと、言われてる中ガサゴソ探して撮影するのは、感じが悪いですよね!

現実には千葉でも神奈川でも実際に、ホタル撮ってるし影響は無いんですが…
蛍が光らなくなるのは、もっと強い光で色も青白、黄色、オレンジとかだと思います。
懐中電灯の光とかは完全にダメですね…
ただし危険を感じたりすれば、日中明るい中でも光りますしね。

でも、場の雰囲気とか相手の立場とかは察してあげてください。
別に正解を明らかにする目的で行っているんじゃありませんから。

しかしながら、撮ってきてお見せする動画が無くなってしまったので
替わりに、展示されていた標本画像を貼っておきます。ごめんなさいね!

【ケイタイ向け画像01】ヘイケボタル雌・表面1
K_p8020033







【ケイタイ向け画像02】ヘイケボタル雌・裏面2
K_p8020033_2








【ケイタイ向け画像03】ヘイケボタル雄・表面3
K_p8020033_3





【ケイタイ向け画像04】ヘイケボタル雄・表面4
K_p8020033_4









観賞した状況を、参考まで説明しておきます。

水槽にある程度の密集した距離で60匹のホタルということで、飛翔してるところも含めじっくりと見る事ができます。
シーズン終盤で最終日、ホタルが減ってしまっているとの事でたくさんいる時期、今年なら先週末ぐらいならもっとホタルの舞いが感動的だったかもしれませんね。
野外のところだと見つけるのが大変、ちょっとシーズン外すと逢えない事も。

対して、こちらは観賞期間中の土日の対象時間は必ず見れます!
しかも屋根がある!そう雨天時の家族サービスに良さげですね。
蛍狩りスポット新規開拓、今回のスポット『足立区生物園』なかなかのお薦めスポットです。

今日の夜は
中山競馬場の花火大会を撮るつもりです。

中山競馬場の花火大会、おうちでまったり花火では無く、初めて会場に出動してきました!超感動の嵐!!大満喫でしたhappy02
そちらの続報もお楽しみに!

管理人夏バテとクーラー病気味でヘタってますが、鰻食ってスタミナ補給頑張りますよ。
みなさん、応援してね!

んではまた、再見

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家庭訪問・雨上がりコクワガタ現る!

千葉県民、鳥撮トリプルのお届けする地元のジモティー通信
船橋の蝉さん今期初認のお便りの次は甲虫さんの今期初認のお便りを市川から

というか、人ん家まで押しかけてきました、こんにゃろめぇcoldsweats01

雨上がり外出しようとしたら、家庭訪問の珍客を危うくふんずけそうになりました!
ふう、あぶっち(^_^;)
誰ですか、ひとんちのまん前で大の字になって寝てんのはbearing

しっかし、きょうびこんなにヘロヘロの酔っ払いみたいな方あんまし見ないんですけど。
しかも貴方♀じゃありませんか!女の子なのにもう…
ってことで

家庭訪問・雨上がりコクワガタ現る!

【ケイタイ向け画像01】コクワガタin 市川
2009





うちの近所には、クヌギブナも、コナラヤナギも生えていないのになんで来ちゃうかなぁ。
雨宿りで待避してたんでしょうかね?
うちの建物が壁白いところにいい感じで街灯の明かりがあたって天然のライトとラップになってるので、あったかくなって昆虫の繁殖シーズンに入ると、たまにこぉいう訪問があります。ワザとではないんですよ昆虫の皆さん!!

画像は砂糖水でおもてなしをしたらちゅーちゅうと、吸い付いているところです。
ご満足頂いたところで放逐。さいならぁ~paper

あのぉ、めんどいのでもう来なくていいからね!
出かけようとするとき、やめてくださいホントに…

玄関前とかで寝てられると間違ってふんずけちゃうかも?なので…
もしか、いるにしても、恥じらいといいますか、気遣いといいますか、階段の隅っこの日陰に潜んでいるとかもうちょっと隠れ気味でお願いします。
あんた、ワガモノ顔で堂々としすぎですからcoldsweats01

ということで、昨日の3つ目記事でしたがトリプルヘッダーは、ちときつかった。
そんなわけで、本日分の七夕様の記事は日付変わるまえになんとかかんとか
ダブルヘッダー2品目頑張ります!!また、見に来てね。

ふぅ。catface
それではまた

| | コメント (0) | トラックバック (0)