« 鰻特集2017うな次郎 | トップページ | 鰻特集2017・マルエツから二品 »

鰻特集2017うなどん丼・鰻丼五百円

鳥撮トリプルとり3のお届けする
首都圏近郊ローカルニュースで鰻特集2017!
お財布に優しいプチプラ・グルメ

間が空いたお詫びに
愛読者の皆様へ真新しい情報
取材してまいりましたw

はい。二の丑のその前に首都圏で注目!
激安サンキュー鰻丼の、あの神保町のお店に行ってきました。

店名が『うなどん丼
韻を踏んてるし、メイン商品が屋号や社名
というブランディング戦略は
まぁアリっちゃアリですね。

2017/06/13
最近オープンしたての模様

毎月10日は鰻丼が驚きの390円!
今回は普通の日に訪問
シングル500円ワンコイン鰻丼
を食べてきましたよー!!


鰻特集2017うなどん丼・鰻丼五百円


1501895787978.jpg

イヤ、しかし月一限定とは言え
390円の驚愕の値付けインパクトは
ホント凄いですよね(@_@)
ハナマサ、てらお の業販価格と比較しても
アグレッシブに攻めてますね!

べっくらこきまろ!!
たまげましたw

経営戦略が噛み合ったら
昨今、低品質で低サービス、ボッタクリで
メリットは多店舗、営業準備中無し位しかない
安い早いウマイ→
キャッチフレーズが一つも該当しなくなってる
牛丼屋と総置換えとかならないなかぁw

基本的には宇奈ととのスタイルや低価格設定
商品ラインナップを踏襲しているように思いますが
関連記事↓
土用の丑の日Do You Know?鰻といえば『宇奈とと』!!

鰻特集2016 ・名代宇奈とと・鰻丼W1000円

一店舗のみのようですし
大量販売の多店舗展開のチェーン店じゃないのに
低価格帯で戦えるのは
元々本業が鮮魚の卸とか、実家や親戚が魚屋
、はたまた商社にコネや中国から鰻の輸入に
独自のコネシクョンなど
何か仕入れルートに強みがあるのでしょうね…

今回、定価の500円シングルを食べましたが
鰻は香ばしく味はなかなか
牛丼屋の中国鰻丼よりは確実に美味しいです。
鰻の量は少なめ、見た感じ40〜45g位
コレも宇奈とと強く意識かな…
焼きの人件費考えると、量と価格設定バランスは
妥当。
正直、具の量はモノ足りませんが
量を増やすよりはワンコインのほうが
心理城壁が下がるのでしょう。多分…


ご飯にはタレがかかっておらず供され
コラージュ画像の特製の秘伝のタレを白飯に
好きな量、自分でかけるスタイル
タレはスッキリしていて食べ易く、好みです。
逆にクセになる主張は無くタレは脇を固めてますね…
メインの鰻丼自体はお勧め出来ます!!

ただサイドメニューなどは
宇奈ととの充実度と比較で相当差があります。
ちょい飲み対応がイマイチな現状では
店舗数が多い宇奈ととと違い
通勤通学の定期区間じゃないのに
往復の交通費かけてワザワザ行くか?
というと答えはNO


そう言う部分と知名度アップの広告効果という
意味合いで月一限定390円の値付けと思われます。

近所に立ち寄る時以外は
390円の日をもっと増やさないと行かないと思います。

まだまだオープンしたて、これから知名度アップ
メニュー充実に向け頑張って欲しいものです。

次回はスーパーの本命
マルエツか西友の予定です。
西友は通年販売っぽいので、多分マルエツが
先かなぁ…

お楽しみに
ではまた(^o^)/


|

« 鰻特集2017うな次郎 | トップページ | 鰻特集2017・マルエツから二品 »

グルメ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

携帯・投稿記事」カテゴリの記事

旬の話題・ニュース」カテゴリの記事

東京」カテゴリの記事

関東」カテゴリの記事

コメント

とり3さんお晩です(。・ω・。)ノ

へー。こんなお店もあるんですね。
しかも自分でタレかけてって(笑)。
ワンコイン良いですが、交通費掛けてまでとなると…。
確かに私もわざわざ行かないかなぁ。

投稿: コヨコヨ | 2017年8月 9日 (水) 22時32分

mailtoenterRe:コヨコヨさん連コメ有難う!

首都圏ならではの価格破壊だね(*^^*)
390円デーを増やすのと

サイドメニュー充実でちょい飲みに
ペネフィットが生き残りと発展の鍵かな

ではまた

投稿: とり3 | 2017年8月10日 (木) 10時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052767/71336820

この記事へのトラックバック一覧です: 鰻特集2017うなどん丼・鰻丼五百円:

« 鰻特集2017うな次郎 | トップページ | 鰻特集2017・マルエツから二品 »