« 早生薊梅雨を待てずに夏望み | トップページ | 天の露散らす星屑梅雨の雨… »

猫に至る病:01白猫の夢



猫に至る病:01白猫の夢



小さな小さな出版社の

動物雑誌編集者のわ・た・し


猫が好きで好きで好き過ぎるわたし…

前世は猫だったのかなぁ?


それともこれからネコになるのかなぁ…


そう言えば

この間も白猫になった夢を見たなぁ〜

そんなことを考えていると

『シャラ~ン シャラ~ン♪』と

何処からともなくまた

あの鈴の音が聞こえてくると

次第に色濃くなる妖しい白い靄に躰が包まれていく…


なんだかまた急激に眠気が襲ってきたニャ


最近良くある、意識消失系のたちの悪い睡魔ダにゃ


Zzz………


んニャ?


まどろみから、ふと気がつくと

私はまたあの白猫になっていた。


私が白猫なのか、白猫が私ニャのか?

そもそも、私はホントに人間なのか…

実はホントは元々猫じゃニャイのか?


記憶がアヤフヤで混濁しているがなぜだか、ふと

出かけなければならない気がした。


そう。そうだ、今夜は空き地で集会なのだ!

何故だが不思議とそれが分かっていた


急がニャきゃ❉


したしたしたたた…

しなやかに闇夜を駆ける白猫(わたし)


垣根の隙間を抜け

ヒョイっと、塀に飛び乗って

勝手知ったるナワバリを集合場所にひた走る


したたたたたた…


そうして近道、抜け道、ショートカットを繰り返して空き地に着くと


すぐに茶トラのチビ猫が親しげにすり寄ってきた(ΦωΦ)

「ニャァ♪」


「んにゃにゃ!」と、こちらも挨拶を交わし

匂いの嗅ぎ合って、おでこをくっつけ

そしてそっと鼻チュウ💋を交わした。


そう、仲良しなのだw


「にゃんっ」、「にゃあ」、「にゃにゃ」

いちニャンいちニャン、皆に声がけをしつつ

重鎮たちにも挨拶を済ます。


街のメンバーは既にもう大体集まっていた。


ん?あれっ。ボスがいないにゃぁ


と、思ったらフッと長い影法師が横切り

満月を背に

しなやかだけど細マッチョな漢の

シルエットが、つぃっと浮かび上がる


皆がボスの定位置に注目する

ボスの登場だ!!


ボスはゆっくりとメンバー全員を見まわすと

座り直した

が、急に片眉をつり上げて

私を鋭く睨む


耳をイカ耳にして野生の虎と同様に

威嚇の為の目玉模様が耳の裏側に描かれていた

遠い遠い野生のご先祖様に習って、今は名残りだけの耳の裏見せのディスプレイ

背中の毛を逆立たせてボスは『シュ!』と一声強く鳴いたあと

私のなかのワタシ

というか、厳密言うと白猫の中のわたし

のわずかな意識を敏感に感じ取ったようだ。


フッと、意識が拡散して

真っ裸の私は白猫の上にプカリと浮いている

私のお尻からは透明な尻尾状のモノが

白猫の尻尾へと連結されている…

いつしか私の存在に気付いた

猫集会のメンバー皆達が

皆、総毛立って背を丸めている


『フシャーーー!』

ボスのひと鳴きが、なんと言っているのか

今の私にはっきり分かった。


力強く響く声が頭の中でこう言っていた

『去れ!人間よ』


プッつん…白猫と私は分離して

私は糸の切れた凧のように

グルグルと目を回しながら在るべき処へと

私の魂?は迷走しつつも肉体の在り処へ

向かっていた…

――――――――――――――――――――――――――――――
〈あとがき〉

鳥撮トリプル@檸檬猫(ΦωΦ)です。
延び延びで大変お待たせしました。見切り発車で
あとで改稿するかもしれませんが、猫小説開幕です。

猫のストーリーなので今回の名義は檸檬猫にしました。

長編連載とか言うと、現在の筆力では
なかなかスタートを切る事が出来ないので発想を変え
まずは短編を繋いで行こうかな?と言う事にしました。
その間に並行してパラグラフライティングをモノにしてブラッシュアップして行きたいと思います。

リアルと猫奇譚。シリアスとコメディ。
ミステリーとホラーとどういう風に進んでいくか
まだ方向性が未定ですが
猫に絡めた話と猫うんちくや猫グッズなどを
小ネタに毎回ネストしつつ
ゆる〜く繋がるアンソロジー的な感じで
どこからでも気楽に読める猫ストーリーになったら
良いな!と思っております。

今回の文中の猫うんちくは


挨拶
鼻チュウ
イカ耳
威嚇音

でした。ではまた(*^^*)/

|

« 早生薊梅雨を待てずに夏望み | トップページ | 天の露散らす星屑梅雨の雨… »

ショートストーリー」カテゴリの記事

小説・童話」カテゴリの記事

携帯・投稿記事」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

最新記事には載ってるけどブログのメインに当記事が反映されませんね。
ココログ不具合続き(-_-;)

投稿: 管理人 | 2017年6月27日 (火) 10時30分

白猫さん、今晩ニャ~cat
笑・多才ですネ~flair
どこからでも気軽に読める猫ストーリーbook
pencilまた拝読させてくださいpunch

投稿: 草もみじ | 2017年6月27日 (火) 19時01分

こんばんは~

 猫小説、面白いですにゃあ^^。
ネコ好きには、たまりませんにゃnote
鼻チュウ、トラ&ルナが毎日やってますよ。
次回待ってますgood

投稿: みい | 2017年6月27日 (火) 22時18分

mailtoenterRe:草もみじさんコメント有難うございます。

前作から二年位空いてしまっていて
ある程度構想纏まってから先秋
今年の3月、4月、5月データが飛んでしまったり
含めなかなかリリース出来ず、小説はまだまだ
自由自在という訳にはいかないですね^^;

これくらいの尺の、ショートストーリーなら
瞬発力だけでなんとかなるのですが、いかんせん
第一読者とお友達、一般読者満足させる共通項での
内容を取捨選択、題材がとっても難しいです。

エキサイトと違いココログの交友続く方は
ほぼ女性なのと、猫友が多いので猫ストーリーで
一話完結なら気楽に読めて良いかなぁ〜
と蹴っていしました。気軽にご笑読いただけたら
幸いです。

投稿: とり3 | 2017年6月28日 (水) 08時31分

mailtoenterRe:みいさんいつも有難うですにゃ(ΦωΦ)

ルナトラコンビはいつも鼻チュウで仲良しですねw

面白いと言って戴きホッとしました。
創作友、猫友の方が受け入れやすく、且つ、第一読者の私自身がモチベーション維持出来るような
主題。間が空いたり連載途中から読んでも
付いて行けて、気軽に読めてためになる猫情報を
入れておけば、読みやすいかな?と主題選択です。

一話完結を基本として、アンソロジー的にゆる〜く
繋がって行く予定です。ご期待下さいませ❁

投稿: とり3 | 2017年6月28日 (水) 08時40分

こんにちは。コメント遅くなりました。
「胡蝶の夢」ならぬ「白猫の夢」なのですね。
あるいは、「うつし世はゆめ、夜の夢こそまこと」…。

ミステリーのような、SFのような、ファンタジーのような、ふわっとした「夢」の雰囲気が魅力のお話だと感じました。
他の短編がリリースされたら、どのような景色が見えて来るのか、楽しみにしています。

投稿: 雪村月路 | 2017年7月 1日 (土) 13時10分

mailtoenterRe:月路さんご多忙な所コメントを戴き有難うございます。


はい。「胡蝶の夢」ならぬ「白猫の夢」なのですw

「うつし世はゆめ、夜の夢こそまこと」…
そうですね。この猫ストーリー中で
そういうシュミレーション仮説的な流れになるかは
分かりませんが、ファンタジー物では
現代、近世、未来(SF)同列で元々繋がった時空と
考えていて、それが創造主(神)の夢だったり
エンジニアの仮想実験のシュミレーション
であったり妄想を含まらせるのは楽しいですね。
仮想現実は、REAL世界でマトリックス的な世界が
近づいてますね。

現代劇の中に妖怪奇譚的な要素中心で
猫グッズや猫薀蓄で実利のある内容のアンソロジー
にしていきたいです。

ではまた

投稿: とり3 | 2017年7月 1日 (土) 23時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052767/70969277

この記事へのトラックバック一覧です: 猫に至る病:01白猫の夢:

« 早生薊梅雨を待てずに夏望み | トップページ | 天の露散らす星屑梅雨の雨… »