« 2017年4月 | トップページ

2017年5月

白妙の花房柏葉八重紫陽花

鳥撮トリ@プルとり3のお届けする首都圏近郊ローカルニュースで旬の花便り

ねっとDEお花見・紫陽花特集2017
気の早い開花の早生咲きアジサイが
好評の為、またまた見付けて来ましたw

例年なら一番最初に咲くあの白い花❀
人文系で短歌を交えて夢魔乃雫名義にて
第二弾まいります!


1494977128572.jpg



白妙の花房柏葉八重紫陽花


初夏の足音そっと伝えて 夢魔乃雫




(シロタエの はなぶさカシワバ ヤエアジサイ


しょかのあしおと そっとつたえて)



はい。いつもの悩みの長い花名
句またがりを用いても、それでも入りきらず
字余りが出るのはご愛嬌^^;

ここ四、五年流行りの北米産スノーフレーク
と思われる品種。
開花時期が早く見頃のキープが長いのが
この柏葉八重紫陽花の人気の理由かと思われます。

前回の今期発生紫陽花公開後、反響があったので
どこかてさいてないかなぁ〜とめぼしい所を
探していたら都内某所にて見つけましたw

いつもは地元千葉市川から開花を確認ですが
今年は残念ながら遅めでまだ開花未確認。

そんな紫陽花通信第二弾でした。
お楽しみいただけたでしょうか?

ではまた(^^)/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

五月晴れ見つけて嬉し初紫陽花

鳥撮トリプルとり3のお届けする首都圏近郊ローカルニュースで旬の花便り
地元千葉県市川市船橋市界隈の
気の早い紫陽花探しのお便りです。

一番最初はGW中に西船橋のスーパー店頭で外国種らしき紫陽花を見かけ
その後今週に入り都内某所で自生のものに小さな珠が付き始めを確認。昨晩千葉県内で開花しているのを見たけました。
地元千葉最寄りでも自生のものはまだ小さい珠花を付け始めたばかり…
開花は早くて来週中位かと

そんな様子を夢魔乃雫名義で一句


1494607160631.jpg




五月晴れ見つけて嬉し初紫陽花 夢魔乃雫




(さつきばれ みつけてうれし はつあじさい)

ではまた

| | コメント (4) | トラックバック (0)

5月の記事更新スケジュール予定

鳥撮トリプルとり3です。
なかなかブログ更新筆が進まないので
トップ記事差替えでコミットメントで宣言して
自分に喝を入れ勢いをつけるため、また目標設定します。


5月の記事更新スケジュール予定




■小説


1.秋に公開出来ずにいた
猫小説『猫に至る病(仮題)』


2. 3月に公開予定で遅れていた
ファンタジー『ドラゴンナイト(仮題)』
公開予定です。

その他プラス1、2作公開するかも…


■花・植物


3.桜特集2017クロージング

4.躑躅(ツツジ)など季節の花

5.今期初撮り紫陽花近日公開予定。
GWから外国産らしきものが流通
自生のものは、小さな珠が付き始め
来週中に早いものは開花し始めそうです…


■作詞作曲・音楽


交友がある方へ過去オマージュコメントしてあった
記事未公開分を転記で公開予定。


■イラスト


鳥か花を出来れば公開したいです。

この所全然思うような進捗がありませんが
メゲずに、気負わずまったり頑張ります(^^)

あとは合間に食べ物や燕情報等
人文系て短歌俳句からめつつ随時更新で

公開は順不同ですが
まずは紫陽花からリスタートで
仕切り直ししようかと思います

ではまた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

晩春の櫻艶なり八重寒山

鳥撮トリプルとり3のお届けする首都圏近郊ローカルニュースでねっとDEお花見・桜通信

持ち帰りの仕事が増えて
4月半ばから更新出来なくなってすみません。

気を取り直してねっとDEお花見・桜2017

クロージングに向けて後追いで
4月の桜を紹介していきます!

まずは八重咲きの里桜の中でも見目麗しく
花付きも豪華…ポピュラーな桜品種
『関山:かんざん』を主題に
ボキャブラマスターしますたぁ〜と
古語の語呂の『艶なり:えんなり』をネストしつつ

エキセントリックな原作題について
風評被害のクレームがついてドラマ名変更は
えんなりかずきで→えなりくんに変わったようですが
実際に配慮の無いものから、過剰反応では?と感じるもの迄、昨今のヒステリックな対応には
一寸吃驚したり閉口したりしています。

横ネタにちょっと逸れましたが
話戻り晩生咲きの関山:カンザン
を主題に夢魔乃雫名義で一句


1493707788438.jpg




晩春の櫻艶なり八重関山 夢魔乃雫




(ばんしゅんの サクラえんなり やえかんざん)



枝垂れ桜特集は終盤ダレて撮影出来ず
本年版でやるかどうか微妙です。
お蔵入りかなぁ〜

ではまた

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ