« ねっとDEお花見・彼岸花2016 | トップページ | 白だしのオデンの湯気の向こう側… »

秋の夜仄かに灯す白彼岸

鳥撮トリプル@とり3のお届けする首都圏近郊ローカルニュースで時節の花便り

今回は白だしおでんのつもりでしたが予定変更。
白つながりで例年恒例、時節の花『白彼岸』
のお便りを人文系を絡めて彼岸花の詩2016
芸術の秋っぽく

夢魔乃雫名義で一句参ります。

1474644137662.jpg



秋の夜仄かに灯す白彼岸 夢魔乃雫




(あきのよる ほのかにともす しろひがん)




撮影は最寄り千葉県船橋某所9/18
見つけたのは、その少し前で9/15位
赤いノーマル彼岸花より数日早く咲いていました。
市川の彼岸花はギリギリ秋のお彼岸付近で
やっと開花でした。

真っ暗画像なのでレタッチ補正して
アート風な味付けになっています。


今期もなんとか例年恒例の彼岸花の詩お題クリア

彼岸花シリーズ落ちついたら
予告の白だしおでん行きたいと思います!
秋桜(コスモス)や十月桜情報もお楽しみに

もうちょいお待ちくださいませm(_ _)m
ではまた(^o^)/

|

« ねっとDEお花見・彼岸花2016 | トップページ | 白だしのオデンの湯気の向こう側… »

ねっとDEお花見」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

俳句・川柳」カテゴリの記事

千葉」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

関東」カテゴリの記事

コメント

こんばんは

 ヒガンバナアートいいですねgood
暗い中では、白いヒガンバナは、ほのかに灯る明かりですね。
紅いヒガンバナはあちこちで見かけますが、白いのはたまにしか見かけませんね。

投稿: みい | 2016年9月24日 (土) 21時49分

とり3さんお晩です(。・ω・。)ノ

今回もハイクオリティなお絵描きです( ≧∀≦)ノ
初めは写真かと思いましたが、お名前が入っていたので、もしやと。
白だしおでんと白繋がりか!?
…な訳ありませんね。

彼岸花って響きが、もう秋です。
宮城も暑いなと思う日が急激に減りました。
過ごしやすい日も短期間なんでしょうけどね。

投稿: コヨコヨ | 2016年9月24日 (土) 22時10分

とり3さん、すみません。
またしてもスパムで弾かれている様です。
コメントも重複していると思いますので、
編集願います。

投稿: コヨコヨ | 2016年9月24日 (土) 22時12分

mailtoenterRe:みいさん今晩は〜。
コメント有難うございます(^o^)/

ああ。これアート風でポップアートでは
あるかもですが…手描きイラストでは無いんです^^;
拡大すると手描きじゃないのがすぐ分かります。

白い彼岸花は通常の赤いのの変異、それを固定して品種化されてるのと
クリーム色っぽい白花曼珠沙華?
三通り位ある気がします。

最近は人気なのかここ数年白がかなり幅を
利かせてます。

クリーム色は稀ですね。
機会があれば芸術の秋で
これに近い手描きイラスト挑戦してみます!

ではまた

投稿: とり3 | 2016年9月25日 (日) 23時31分

mailtoenterRe:コヨコヨさんお晩です。いつもコメ有難うございます(^o^)/

ごめーーん!今回はハイクオリティイラストでは無いんですm(_ _)m

暗過ぎなので明るくしたらアラが目立つので
色々フィルターかけてモヤっとそれらしくねw


銘入れたんじゃなく元のフレームのラブリーな
フレームがこっ恥ずかしかったんで
隠す為に名入れになりました。

普段イラストでも余りサインはいってない^^;
記事中にも言及してて
ウソこいたつもりは無かったんだけど

紛らわしい事して読者を混乱させた罰として
彼岸花のイラストはなにかしら
また公開するつもりです。

次はちゃんとイラストですw

白だしおでんと白繋がりはご名答
繋がりシークは記憶強化メソッド

コヨコヨさんによく覚えてますね!
と言われるのはブログにログになって
再検索可能なのと翌年以降も話題になり
検索されて思い出すし

記憶自体が似た要素やカテゴリ、カラー
音の響きが似てる、食べ物、イラスト、作詞作曲
色々なモノと紐付いてイメージ記憶されてるから
音楽や味、季節などから想起されてくるね…

投稿: とり3 | 2016年9月26日 (月) 00時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052767/67634613

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の夜仄かに灯す白彼岸:

« ねっとDEお花見・彼岸花2016 | トップページ | 白だしのオデンの湯気の向こう側… »