« 里桜咲いて関山春更ける | トップページ | 晩春櫻散りぬる江戸の華 »

花糸を紡ぎ咲いては糸括り…

鳥撮トリプル@とり3がお届けする
首都圏近郊ローカルニュースで
ねっとDEお花見2016
桜通信締め括り
関東地方で四月中盤、後半を彩る
晩生咲きの重弁、濃い紅が多い里桜品種
随時公開していきます。

という事で欲張りにアレやコレや
十兎追って十兎GET!の心意気

今回は初公開の『糸括り:イトククリ』
を主題にネストしてボキャブラマスターしますたぁ〜
語呂を拡充しつつ桜品種名皆さんと一緒に覚えつつ

人文系が記事空き気味なので補填を兼ねてカウンターステア!
今年は出番が無かった韻踏み猫(ΦωΦ)にゃん
檸檬猫名義で短歌を一首いきますよ!

1461759258864.jpg


花糸を紡ぎ咲いては糸括り

桜吹雪で春締めくくり 檸檬猫




(はないとを つむぎさいては いとくくり


さくらふぶきの はるしめくくり)




撮影は04/24都内某所
夕暮れ18時頃で暗かったので
スマホ撮影後レタッチしました。
うーん、なかなか雅な桜でした(^^)

過度な自粛はノーなので
普段通りの記事で気持ちが和むような季節の花便りを
創作交えつつお届けしてまいります。

ではまた

|

« 里桜咲いて関山春更ける | トップページ | 晩春櫻散りぬる江戸の華 »

ねっとDEお花見」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

ボキャブラマスター」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

東京」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

関東」カテゴリの記事

コメント

とり3さんお晩です(・ω・)ノ

ココログの仕様でしょうか。
折角の短歌にヘンテコなオマケが付いてる…。
最初見た時、歌にしている途中か?と思いました。

仙台の桜も殆どが葉桜になってしまいましたが、まだまだ春を楽しみたいと思うこの頃です。

投稿: コヨコヨ | 2016年4月27日 (水) 22時34分

mailtoenterRe:コヨコヨさんいつもコメ有難う!(^O^)/

ああ、やらかしちゃった
手打ちのタグの山括弧が違ったてた(T_T)

教えてくれて有り難う!今直しました。

そっか、仙台はそろそろ葉桜か…
じゃあとり3が随時
晩生咲きの桜お届けしていきます。

お楽しみに

投稿: とり3 | 2016年4月27日 (水) 23時50分

おはようございます

 糸括りという品種なのですね。初めて知りました^^。短歌流れるようなリズム感、素敵ですgood
こちらはすっかり葉桜の季節です。
遅咲きの桜便り待ってます^^。

被災地も早く日常を取り戻してほしいですね!

投稿: みい | 2016年4月28日 (木) 10時30分

mailtoenterRe:みいさんいつも有難うございます。

ああ、有り難うございます。
短歌詠まれる、みいさんならではの気付きですね。
駄作を重ねつつ、ちょっと復活で韻律…
Rhyme&Flowいい感じになってきました。

何時まで続くのか本震が本当に終わっているのか?
大分、宮崎に連動で波及の可能性含め
経験したことが無い群発地震
火山も絡むし、九州特有な火山性の脆い土壌
大雨や台風での土砂災害も心配です…

そうですね…花の中でも
1ジャンル『桜』設けてますが
いつも言ってる通り
晩生咲きの桜は薔薇科のサクラの真骨頂

鮭みたいに海に降りて成長して産卵で川に戻る
所謂、降海魚のアメマスと陸封型のイワナの関係性

最近は園芸種で背が低く一輪咲きの矮性種とか
流行りてすが

花は進化の収斂で重弁、濃い花色になっていく
傾向があると思うので成熟した大人の魅力
艶やかで華やかな魅力があって晩生咲きは
完成された美しさです。

対極で早春や秋冬咲きの桜は
あえかで可憐で初々しいけれど、命の息吹と
見かけとは裏腹な環境適応力、力強さ…
一株で一重と稀に半八重や八重が同居する
多様性、未完の未来への可能性が魅力ですね。

だから二期咲き十月桜や早生咲き寒緋桜系と
晩生咲き里桜系の桜がそれぞれ好き。
どれも見頃キープが長いのも好きな理由です。

ゴミを散らし、泥酔でマナーの無い花見客がいない
静かな日常で愛でる桜にほっこりするのが自分ご褒美

ではまた(^o^)/

投稿: とり3 | 2016年4月29日 (金) 17時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052767/65198165

この記事へのトラックバック一覧です: 花糸を紡ぎ咲いては糸括り…:

« 里桜咲いて関山春更ける | トップページ | 晩春櫻散りぬる江戸の華 »