« 春の彼岸桜咲く路入学式 | トップページ | 春雨に花見流れてあぢきなし »

小春日和陽光求めて法華経寺

鳥撮トリプル桜の詩
旬の桜を俳句で句にしながら桜通信
桜にちなんだコンビニスイーツ・コンビニお菓子なども時たま絡めつつ
盛春の桜品種の咲き具合をお届けします

そんなわけで千葉県は地元市川の桜ですが
下総中山最寄り中山法華経寺へ桜を見にいくと、剣道場側の濃い紅の『陽光』が見事に満開でした
なんだかここ数年来で枝振りもずいぶんと立派になってきました
参道はさみその向かいの山桜はまだ咲かず
黄色の喇叭水仙(らっぱすいせん)に見送られ裏門を出ると、池のところに小さい陽光がもうひとつ植栽されてました。
こちらはすぐ後ろに卒塔婆が並んでるので、花見気分には浸れませんが見頃でした

そんなお目当ての陽光の句をとりとりみる名義で一句いく!


小春日和陽光求めて法華経寺 鳥撮三


法華経寺の盛春の桜『陽光』が二本ともに満開で今が見頃でした

千葉市川の桜の続きですが、他に二種真間川沿いに見つけ
暴風で儚く散った河津桜が昭和学園側に若干咲き残り
これをあわせると三種
見つけた桜品種は、紅枝垂(べにしだれ)れと、もう一方は、白に近いい小輪淡紅の桜、その品種を二株見つけ、片方は既に満開、二俣新町や原木中山に程近いコーナン側で3月の1週目に今期初めて見つけたのと見た感じ同じ品種のようです

そして、緋色の桜ですが
市川市内で緋色の寒緋桜販売していたお花屋さんは店名『すずき』でした
もう売れてしまったのか、寒緋桜は同日すでにありませんでした…

それとはまた別に市役所側の児童公園で小輪八重咲きの淡紅の桜見つけました
品種は不明です

〆に鳥ブログらしく渡り鳥の近況を…
実は大柏川沿い真間川をチェックしてるのは、桜の開花とともに鶫(つぐみ)小鴨(こがも)緋鳥鴨(ひどりがも)、に百合鴎(ゆりかもめ)が帰郷したかどうか?
欲張りに十兎追って十兎GETで確認兼ねてチェックしてるのですが、みなまだ居座っていますね

そして春告げる新しいお客さんたち
去るものもあれば、来るものもあり…
桜見しつつ、春の渡りの小さき客人(まろうど)を探すと
小千鳥(こちどり)のあっちにふらふら、ほろ酔いの千鳥足を探しましたが未だ見つからず

されど、さりとて
『ジュクジュクチュイリー』
と散る河津桜を惜しむ喉赤き玄鳥(つばくらめ)みつけたり

燕(つばめ)の到来で、例年よりちょっと遅いですが今期初認
私が朝鳥見をサボっているせいで、多分例年通り三月1週ぐらいから来てるんだと思われます

そんな春が深まるのを日、一日感じるこの頃です

桜の品種は随時、ねっとDEお花見で写真を公開していきます

んではまた

|

« 春の彼岸桜咲く路入学式 | トップページ | 春雨に花見流れてあぢきなし »

おでかけ」カテゴリの記事

ねっとDEお花見」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

俳句・川柳」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052767/33909592

この記事へのトラックバック一覧です: 小春日和陽光求めて法華経寺:

« 春の彼岸桜咲く路入学式 | トップページ | 春雨に花見流れてあぢきなし »