« 彼岸花求めて詣ず宝蔵院 | トップページ | 時雨月雨の合間に百舌鳥の高鳴き »

網掛の鷹雁を求めて里来たか

鳥撮トリプル管理人、鳥ブログなのを忘れないように猛禽ネタ
冬の季語交えつつボキャブラマスターしますたぁーと習作で俳句にしてみます。

今日のお題、網掛の鷹(あがけのたか)
旺文社の古語辞典をめくると
十月、十一月、十二月
冬の季語のしょっばなに鷹の季語が…

鳥撮三(とりとりみる)名義でまた一句いく?


網掛の鷹雁を求めて里来たか 鳥撮三


はい。主に蒼鷹(おおたか)巣鷹
白っ子二符見せ巣周り網掛などとか
鷹匠(たかじょう)が野生の鷹を捕らえる時の日齢を指す言葉のようですが

現代においては国内種の猛禽は鷹狩り用に捕獲する事は禁止されてるので、ピンと来ない話ではありますね。

字数をまとめる為、鴨じゃなく雁(かり)にしましたが
国内ではオオタカ以上に希少な鳥で、局所的な渡来

ちょっと野趣あふれる季節の語呂を使おうとすると、希少動物や自然の保護の事に行き当たります。

儚く、尊い自然や命、守っていきたいものですね。
文化や環境、それに特産種にと…

いつものように軽く韻を踏みフミ鳥撮節で、たまには真面目モードで

それではまた

|

« 彼岸花求めて詣ず宝蔵院 | トップページ | 時雨月雨の合間に百舌鳥の高鳴き »

ニュース」カテゴリの記事

ボキャブラマスター」カテゴリの記事

俳句・川柳」カテゴリの記事

携帯・投稿記事」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

猛禽(ワシ・タカ/フクロウ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052767/31682576

この記事へのトラックバック一覧です: 網掛の鷹雁を求めて里来たか:

« 彼岸花求めて詣ず宝蔵院 | トップページ | 時雨月雨の合間に百舌鳥の高鳴き »