« お持ち帰テイクアウト・明太子巻食うたった!錦糸町テルミナB1北辰寿司 | トップページ | 鮪と脂と烏龍茶の詩 »

錦糸町テルミナちよだ寿司・お値打ちランチ!うしお390円テイクアウト

はぃ。鳥撮トリプル管理人、そんなわけで予告しておりました錦糸町テルミナ・デパ地下寿司対決!『千代田寿司V.S北辰寿司』ダブルヘッダーでランチに握り盛り込みを2つ食べちゃいました!
同じ日にニコニコ?いえ二個、2個ですが(汗)
いいのかぁ。食いすぎだろぅ~。って、はい。食いすぎですwobbly

ま、そこはしょうがないのですテイクアウトに限らず、定食+単品が頼める店だと一度に写真とろうとして、下手するともう2品、メインを3品頼んじゃったりする私だもんで。

そんなわけでまいりますよ!



お寿司対決まずは
初出のちよだ寿司さんから!!

錦糸町テルミナ

ちよだ寿司・お値打ちランチ!

うしお390円テイクアウト

390








390_2






握り七貫でマジか?の390!プライスマジック!!

どうですか?
スゴクないですか?エラクないですか?
握り7貫、サーモン、イカ、海老、玉子、穴子、ネギトロ軍艦巻き、鯵
390円でこの内容…

海老は冷凍、恐らくメキシコ産、ブラウン・シュリンプことブラウン海老が最近は漁獲高少ないし、見た感じの色付きがちょい薄めなんで、東南アジア養殖のバナメイかな?と思われます。
短期間に成長して、ローコストなのに反しなかなかに美味しい!
最近は、ブラックタイガーを差置いて、急進の流通量とのこと…
バナメイ:学名(Penaeus vannamei Boone)ちなみに原産は、南米エクアドルなのだそうです。

さて、皆さんは、くるくるや、或いは廻らないお寿司屋さん中、でもお手ごろ価格な大衆店で
甘海老や牡丹海老と違う、いわゆるふつーの無印エビを頼んだらこうゆう海老が出てくるのを知っていますか?
車海老系の大正海老に近い海老ですが、ボイルして食べると甘みがあって美味しいですよね。
クロムツ、ギンムツと偽って一頃話題になったお魚『メロ』なども安くて美味しいです。
安いと、いけませんか?外国産だといけませんか?
マグロとか、天然の国産、大間しばりとかだったら果たして年に何回食べられるのか?
そういう楽しみもアリですが、レギュラーデイに懐優しく幸せになれる庶民の味方良いと思いませんか?
もしか、ダメ!という方はお寿司屋さんで一番安い海老を頼んで、国産かどうか?
牡丹海老、車海老、甘海老、名前の通った由緒正しい海老かどうか一度お尋ねください。
あっ!甘海老のカナダ産なんか普通ですよねぇ…
伊勢海老や、オマール海老の握りを出す高級店じゃなければ、貴方が美味しいと喜んで食べていたエビは外国産の冷凍モノかも…
瞬間冷凍の技術や、物流ロジスティクスの革新で、外国産の美味しくて安い食材たくさん流通してるのが現実なのですよ!

はぃ。そこでもう一度、再考してください。390円は海老1貫の値段じゃありませんよ!!
7貫で海老も含め、なかなかのご立派なお味です。コストダウンと味の両立、企業努力を称えたい!!
高くて美味しいのはあたりまえ!お値打ちとはこういう事。ですよね。



そして他方、同じくテルミナ地下にて、握りは500円オーバーしか設定が無い、もう一方のお店…
うーーん、廻らないお店のカウンターで、板さんを前にしてその場でランチ握りを握ってもらったり、握りじゃなくてもリーズナブルなチラシや海鮮丼の、ランチを選択するよりも何かお得なことがあるんでしょうか?
ちょっと、つか、かなぁ~り旗色悪いですね、それとも何か徳だねx特ダネのネタの内容で勝負ですか?北辰さん

お手並み拝見。つーこって北辰寿司のテイクアウト編↓へとつづきます。

錦糸町テルミナ・北辰寿司!お寿司盛り合わせテイクアウトAdd Star

2008/12/21 13:00 加筆、PING

|

« お持ち帰テイクアウト・明太子巻食うたった!錦糸町テルミナB1北辰寿司 | トップページ | 鮪と脂と烏龍茶の詩 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旬の話題・ニュース」カテゴリの記事

東京」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052767/26305317

この記事へのトラックバック一覧です: 錦糸町テルミナちよだ寿司・お値打ちランチ!うしお390円テイクアウト:

« お持ち帰テイクアウト・明太子巻食うたった!錦糸町テルミナB1北辰寿司 | トップページ | 鮪と脂と烏龍茶の詩 »