« 彼岸花の詩 | トップページ | ねっとDEお花見・アカしろ黄色彼岸花 »

露纏い緋眩く彼岸花

鳥撮トリプルがお届けする、秋の花、彼岸花の詩2007年度分
過去記事アーカイブのトランスポートの続きをば…
またまたボキャブラマスターしますたぁーでまいりますよぉ!!
昨年同様に、また風邪をこじらせているワタクシですが、愛読者の皆様は如何?
季節の変わり目、暑かったり寒かったり
家暖か→外寒い→電車暑い→外寒い→職場暖か。ってこれじゃ風邪もひきますよねぇbearing
秋の味覚、美味しいもんたぁーんと食べて乗り切ってまいりましょ!!

美しいものに感動して心に栄養を与えましょ!ココログだけにね!ここのブログは。
はい。そんなわけで、昨年よりもちょっと開花も散るのも早かったのか、昨年が時期ずれていたのか?雨上がりの彼岸花。彼岸花といえば群生が醍醐味ありますけど、どうでしょ!
凛と咲く彼岸花が一輪、絵になりますねぇ。見たってね!


鳥撮トリプル・プレンゼンツ!!
恒例の旬のお花の短歌に俳句のコラボレーション。
今回は雨に濡れそぶる彼岸花の詩です。
昨日コメントで貼っておいたのをタイトルDE俳句でお届けです。

露纏い緋(あしぎぬ)眩く彼岸花

鳥撮




071008

雫に濡れる、この彼岸花のために詠んだ一句です。

ねっとDEお花見・彼岸花 in 小田原VOL2 注)リンク先記事移転されていません。

 


管理人は風邪をこじらせてしまってますが、愛読者の皆さんはいかが…

雨に濡れて、氷雨でクシャミくっさめ!なんてことになってませんか?
茨城弁の古い言い回しではクシャミを『くっさめ』と言うみたい。

この言葉、もともとは、くしゃみをした時のまじないの言葉だった?
風邪は万病の元魔を祓う呪い(まじない)。
しゃっくりのほうも、百回続くと死ぬとか、まことしやかに言われてましたねぇ。

はい。話もどりまた、『くっさめ』ですが、たぶんみなさん学校の授業で
狂言の『附子(ぶす)』で習いましたよね。『くっさめ』

わたしは、クシャミの連想から小学校の時の合唱の課題曲『びっくりしゃっくり』を思い出しちゃいましたよ!って、いつだ(なつかし過ぎ)

くしゃみしゃっくり!ラララ・びっくりしゃっくり♪」ってね。


言葉の謎と連想の綾。ぼっーとするアタマでちょっと、考えてみたり…

管理人は寝ます!みなさまも時節柄ご自愛くださいませ
そして、こちらも『ぱちりこむぅ!』してくしゃめ!
ハックチョンの白鳥さんの登場はもうちょっと先の予定です。

|

« 彼岸花の詩 | トップページ | ねっとDEお花見・アカしろ黄色彼岸花 »

ねっとDEお花見」カテゴリの記事

ボキャブラマスター」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

旬の話題・ニュース」カテゴリの記事

短歌・俳句・詩・作詞」カテゴリの記事

花と植物、風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052767/24822041

この記事へのトラックバック一覧です: 露纏い緋眩く彼岸花:

« 彼岸花の詩 | トップページ | ねっとDEお花見・アカしろ黄色彼岸花 »