« 秋空に台風一過吹く風に過ぎては廻る夏蝉しぐれ | トップページ | 新作ゲッチュウ!松屋・豚と茄子の辛味噌炒め定食 »

現世の空蝉あはれ美し夜

はい。鳥撮トリプル蝉の詩。哀愁漂う晩夏の挽歌
今年は数がかなり少なめで寂しいんですが、未だにツクツクボウシなどの声が細々と聞こえます。

そんな切ない蝉さんのバラード、昨年の過去記事アーカイブの締め括りは俳句とポエムにエッセイをどっせいと、韻をフミフミで小気味良いテンポで綴れた。
自身の蝉の詩中でも結構お気に入りな、コチラから…

※オリジナル公開時は鳥撮三 名義でしたが内容から夢魔乃雫名義に変更いたしました。
ご理解をば!

さよならセミさん・蝉の詩(2007年 09月 12日)
鳥撮トリプル管理人の住む千葉・市川
秋風とともに蝉の音も、終わりの時が迫ってきました…
今年はたくさん蝉の詩を詠んだんですが、これが最後かなぁ。
昭和学園のサッカーグランドの傍でツクツクボウシが若干まだ鳴いていますが、大町自然公園などを含め市内で蝉の声を聞くことが殆どなくなって来ました。
少し前には若干のミンミンゼミの声も混じってましたが、アブラゼミが一番最初に逝きました。


ほんでは、今年(2007年)の過去記事でどんな蝉の詩詠んでいたのか。みますか?

頼りなく日に日に弱る蝉の声

夏深し消え逝く蝉の音つくおーし

独り逝く君の哀歌は汝が為そ



はい。んではシズクさん!そろそろ締めくくりの一句お願い


現世(うつしよ)の

空蝉(うつせみ)あはれ

美し夜 夢魔乃雫



んっふふ。はぃ。さいでございま〜す!
いつものように韻をせみせみ?じゃなかったフミ踏み(笑)

『うつしよ』『うつせみ』『うつくしよ』でライム&フロー!!
韻じゃないかいんじゃないか?の鳥撮節は健在ですよ!!
ジャパニーズ忍者の技『空蝉の術』の語源にもなっている空蝉。
>蝉の抜け殻…

数週間の命とはいえ、蛇の脱皮のように蛹から成虫へ
殻を破って生まれ変わる様は輪廻転生
命を紡ぎ命を繋いでいくメビウスの輪の螺旋のように続いているんでしょうか…

誰もみたことが無い宇宙の始まりから宇宙の終わりまで

雨上がり雫を垂らす蝉の抜け殻、蝉の忘れ形見にそんなこと思ってみたり
な、管理人でした!

そして、蝉の忘れ形見の2008新作はコチラ

ひと夏の忘れ形見の蝉時雨

とりあえず、久々に朝投稿をPCからできました(涙)
※↑2007年9月12日にオリジナルの記事を投稿した際のコメントです。
動画が投稿間に合わなかったけど、なんとか投稿続けてますヨ!!
花火や夏鳥の雛たちの動画投稿頑張れるように

つーことで、いつものお約束!
コチラを『ぱちこん』管理人を後押し応援もよろしく!!

2008.09/22 0:35 誤字訂正、そして2008年版の蝉の忘れ形見をネスト、その他加筆。

|

« 秋空に台風一過吹く風に過ぎては廻る夏蝉しぐれ | トップページ | 新作ゲッチュウ!松屋・豚と茄子の辛味噌炒め定食 »

ボキャブラマスター」カテゴリの記事

千葉」カテゴリの記事

携帯・投稿記事」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旬の話題・ニュース」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

短歌・俳句・詩・作詞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052767/23766777

この記事へのトラックバック一覧です: 現世の空蝉あはれ美し夜:

« 秋空に台風一過吹く風に過ぎては廻る夏蝉しぐれ | トップページ | 新作ゲッチュウ!松屋・豚と茄子の辛味噌炒め定食 »