« 彼岸花未だ咲かぬか秋探し | トップページ | 刻廻り百舌鳥の高鳴き秋の口 »

カナカナと朝夕奏でる日暮哉

鳥撮トリプルがお届けする夏の思い出!!蝉の詩
昨年度の公開が終わったところで、本年度版いきますか!って。

昨年の蝉の詩公開中、途切れて間が空きましたが、タイトルDE俳句にて今年の二作目の公開です。

と思ったら、蝉の詩にネストしていってみたら、もう三作目でしたbleah



カナカナと朝夕奏でる日暮哉 鳥撮三



一時聞かなくなったかなぁ〜と思いきや、本日も存命中、しぶといつくつくぼーしなあのお方は、八月上旬から九月上旬が最盛期で九月下旬、あるいは南日本だと稀に十月上旬でも声が聞かれる...
との事なので九月後半へ突入のこの頃、本日も二か所ほど声がしてくるのもやっぱし東日本では一番遅く鳴く蝉なんだからでしょうか?

もしもーし、セミさん!こんな遅い時期出て来てお嫁さん見つかるの?
と、心配になりますが恋の鞘当て
ライバルの少ない時期に、ピンポイントで遅咲き同士が巡り会うほうが実は確率高かったりして…
それはないか(^_^;)あはは

にしても、去年一昨年と連チャンで大量発生して、ぶいぶい言わせてたアブラゼミさんが今年は元気なかったせいか。
代わりに今年は他の蝉さんが印象強かったですねぇ。

さて、秋の口も頑張ってるつくつくぼうし、ツクボウシさんは、またあとで

七月下旬、夕刻に涼しげな音を奏でてくれていた日暮(ヒグラシ)さんの出番カナカナかな!って、追憶に浸りながらお届けしました。

んではまたね!

|

« 彼岸花未だ咲かぬか秋探し | トップページ | 刻廻り百舌鳥の高鳴き秋の口 »

千葉」カテゴリの記事

携帯・投稿記事」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旬の話題・ニュース」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

短歌・俳句・詩・作詞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052767/23917574

この記事へのトラックバック一覧です: カナカナと朝夕奏でる日暮哉:

« 彼岸花未だ咲かぬか秋探し | トップページ | 刻廻り百舌鳥の高鳴き秋の口 »